So-net無料ブログ作成

セミも同じだ [生活]

2019.8.8


こんばんは。

今日は平日なのに近くで花火大会があった。この年になるとまず花火大会の会場まで行くことはない。

以前、母が健在だったころ、花火大会に連れ出していたことを思い出す。自分の出無精のことを考えると、本人は喜んでいたのだろうかとふと思う。行き帰りは当然かなりの人だかり、車も通行止めになるし、車で近くまで行けるわけもない。結構歩かせてしまったことを思い出した。本人は久々の外出で喜んでいたように見えたが、子どもに対する遠慮ということもあるしね。最後まで、その気持ちはわからずじまいに終わった。

花火は思いがけず始まり、あっけなく終わる。どこか人間の生きざまと似たところがある。似たところがあるからこそ、楽しいのに何か悲しい。吉田拓郎の歌に「祭りの後の寂しさは・・・」というフレーズがあったが、花火が終わったときは、その歌が口を突く。1年365日、そのフレーズが出たためしがないのに、花火の夜には不思議と思い出す。その歌のタイトルは「祭りの後」???だったような、タイトルさえ思い出さないのに。


----・----・----

そうそうセミの話をしようと思っていたんだ。

朝方、今日はランニングをしてきた。いつもの公園の水道でうがいをし、タオルに水を染み込ませ、頭に水をかけ、顔を洗い・・・・といういつもの手順でやっていると、ふと地面の穴が目に入った。

DSC_2004.JPG

これはまだ小さいけど、

我が家の庭にも幾つも穴が開いている。


一昔前の我々は、それが何であるかは当然のごとく知っているが、果たして今の子どもは知っているのだろうか。








DSC_2006.JPGそうですね。その正体は誰あろう、セミがサナギから成虫になって、飛び立っていった後の穴ですね。

ここいら界隈は油蝉ばかりだろうか。

油蝉はジィージィージィー?

ミーン・ミン・ミン・ミン・ミン・ミーンは何と言う--そうそう、ヒグラシだ。あのもの悲しい鳴き方は好きだ。外務省の前の植え込みあたりは今ごろはすごい数が鳴いているに違いない。

それから、頭はブルーで、羽は透明は何と言っただろうか。

そんなことを考えていたら、セミはたしか地中で6年ぐらいを過ごし、そして1週間ぐらい世の中に出てきて、あっという間に死んでしまうとか。ここ二、三日、この辺はアチコチにセミの死骸が落ちいている。きっと夏の第一陣に違いない。

人間と同じで、お互い、時を無駄にしてはいけないね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バラ-カミキリムシとの格闘 [バラ]

2019.8.8


こんにちは。


日中は全くと言っていいほど仕事にならない。クーラー嫌いな私も流石にスイッチオン。

しかし、温度は29度。これに扇風機でちょうどよし。ジジイ感は日に日に増していく。


---・----・----


引越してからカミキリムシは1匹発見。つまり、この木に越冬幼虫が住んでいたことになる。

DSC_1959.JPG

前に掲載したが、この写真の根元より少し上部にしっかりと丸い穴。ここから成虫になって飛び立った。

 

















DSC_1950.JPGその後、成虫になってからバラの葉裏で後食をしたところを、私に見つかり瞬殺となった。


呼び名はコマダラカミキリムシといいます。



一度に産卵する数は200ぐらいらしいが、今のところ見つけたのは1匹、ほか見つかる前に飛んでいったのがいたとしても、何十匹もいるわけではないだろう。もし、そんな数多くいたら、もっと見つかっていたはず。ということは、成虫になる確率はかなり低いということ。(そう思いたいけどね)

あとは、まだ成長が遅く、これから成虫になって出てくるカミギリムシもいるっていうことか??











そうなっては困るということで一つできる対策がある。

それは・・・・・

DSC_1993.JPG木に栄養を付けよう。

人間の体と同じで抵抗力を付ければ・・・

免疫力を付ければ・・・

ちょっとぐらいかみちぎられたとしても大丈夫・・・

と素人は考えた次第。







この黒いボックスの中には腐葉土(2)、堆肥(1)、

油粕(1)、米ぬか(1)の割合で混ぜたもの。










DSC_1994.JPG今回の場合、2月末~3月上旬にバラを移植。土そのものは建設土でバラにとってはかなり劣悪な環境。(今でも根回り以外はよいとは言えない)


そんな環境を考慮し、移植前に土をコネ回し、施肥をし、空気を入れ待機。


それから移植、そして施水--この施水は2か月以上。朝と夕と気がついたときに施水した。したがって水道料は通常月の5000円/月プラスとなってしまった。


途中、枝が枯れ始めたものが13本中4本。心折れそうになったが、施水をあきらめず(枝切り詰めはした)復活、着根した。

その後、通常の方法で施肥をした。

DSC_2007.JPG左図のように枝先の真下に一掴みを施肥。ぐるりと木を取り囲んで45度に1つずつぐらい施肥をした。












DSC_2001.JPG



今回はそういう特殊事情で根元は水が溜まるように少し窪ませて植えてある。バラが咲き終わり落ち着いたころを見計らって、ご覧のように黒く見える部分は先ほどの割合で混ぜ込んだものを施肥し、平らに埋め戻した。











DSC_2003.JPGこんなふうにまっ平らになった。

以前は10㎝ぐらい根元周りは窪ませて水が留まるようにしておいた。

今は着根したので、もうその必要はない。施肥をすることで木をにも十分な栄養が行き、根元も平らで安定感も増してきた。

今回は本当に特殊事情だ。春前と終わりに2回。しかも2回目は土埋めの施肥ではなく、表に置いただけの施肥。これは土が悪いことも考慮してだが、いい方向に向かってほしいと願うのみ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー