So-net無料ブログ作成

景気がいいのに利下げをするワガママ [マネー]

2019.8.2


こんばんは。

為政者の資質問題が論じられることが多いが、その資質異常が度々繰り返されると、それが常態化し、被為政者としてはマヒさせられてしまう。我が国でもよくあることだが、米国も負けず劣らず、それに準ずることを多くしている。


それは今回の利下げ問題だ。アメリカ経済はどう割り引いても不景気ではない。普通の常識として景気が悪ければ金利を下げ、お金を借りやすくし、市場にお金を多く留める方法をする。一方、景気が良ければ金利を上げて、市場に出回っているお金を回収し、市場のお金を少なくし、景気を少し押し下げる方法をとるのが通例だ。

しかし、今回はその逆をやっている。それはトランプ流アメリカンファーストだからだ。

FRB議長もトランプ氏のような上司が脇腹をドンドン叩いてくるわけだから、よほど根性の座った人でないと太刀打ちはできないだろう。

安倍⇔黒田/トランプ⇔パウエル。これは同じ構図だ。世界はドルが主軸通貨であることからして、少しだけ安倍さんは責任は軽いかもしれない。しかし、主軸通貨としてのアメリカ・トランプ大統領のこの施策は、どう見ても稚拙過ぎるだろう。自国だけがよく、彼のグループ企業と国民受けする政策=トランプ政権を続けさせるという図式は余りにもコンプライアンスというかモラルハザードが低過ぎる。世界を俯瞰して行う高邁な政治家と、にわか政治家トランプ氏が同価値で同結果が出てくるはずもなく、早いところ、米国民はそのことに気がついてほしい。

金利を下げたが、その値幅の大小で市場はさまざまを反応をしているが、今までよりもお金はたぶついていくことは間違いなく、ダウ平均も今よりも上がっていくことは間違いないだろう。しかしながら、中国との摩擦は依然として残っているわけで、彼の思いどおにはなかなか行かないだろうし、インフレ下の景気停滞(スタグフレーション)になったとき、パウエル氏は彼にこうツイートするかもしれない。

「大恐慌と共に地獄に落ちろ」

 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー