So-net無料ブログ作成

この粘りが次に生きると信じて・・・ [バラ]

2019.4.9


夜が来ました。

バラはまだ小康状態。

土の周りに壁をつくり、水をやり続けている。12本に水をやり続けることはちょっと難儀。

でも、冷静に考えると、まだまだ土の中は寒い。明日も今期最後の寒波だとか。

多分、零下にはならないけど、一桁の外気温。土の中は少しは暖かいにしてもやはり一桁気温のはず。

移植してひげ根は少しあっても、小指、親指ぐらいの根っこは土の中深くに張り付いていて、その根っこは切り落とし、スーパーで売っているゴボウのようにばっさりと切り取ったわけで、それをそのまま土に埋めて1か月と10日ぐらいしか経っていない。今までの気温からして、その切り口から新しいひげ根が出てくるわけもなく、まだまだ自力で土の中をさまよい続けるわけもなく、水分を自ら補給できるわけはない。つまり、花瓶に水を入れ、バラを生けているのと同じで、まだまだ土に馴染んでいるとは思えない。

ということはもう少し水はやり続けなければいけないという想いに至った次第。

バラに命を吹き込むことは、自分の心に命を吹き込むことと同意義になっている私としては、ここはじっくりとバラには養生してもらいたと思わずにはいられない。

家人は、あなたのバラだからお好きにしなさい的なスタンスで、批評と論評はするが、それ以上でも以下でもないわけで、まあ、それが一番私はしては都合がいい。旗振りは一人のほうが好都合。

これを読んでいる方々も何を言っているこのジジイと思っている違いないが、そんなことはどうでもいい心境であるからにしてご容赦あれ。ただただ、バラが根付き、春の輝かしい空にきれいな花を咲かせてほしいという、その一心あるのみ。


こんな感じと・・・・。

DSC_0211.JPG

































DSC_0002.JPG

こんな感じと・・・











DSC_0005.JPG

こんな感じで・・何とか再生してほしい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家づくりは一回では成功しない(12) [我が家]

2019.4.9


こんにちは。

でも、あの音がそれであるとわかるのには時間がかかった。だってまだ4月だぜ。

ずしっ~~~んと腹に響いたその音を聞いたとき、近くで爆発? トラックが塀にでもぶつかった?んだと思った。5秒ほど時間が進んで、ゴロゴロゴロゴロ・・・・・・・・・雷だ。春雷だ。

当然、光のほうが速いだろうが、その光には全く気がつかなかった。だから、爆発かと思った。

そうだよね。絶対に閃光が先行していたに違いない。

そんな急転直下の昨夜であった。

これからは、そんな東南アジアのような気候が続くのだ。覚悟はしないといけない。


-----・----・----

これは昨年7月21日の工事状況

DSC_0141.JPG




昨日材料が搬入され、

今日は午前中には土台と柱を立てていた。











DSC_0143.JPG養生は横に部材が飛ばないように

施されていたが、出来上がった

ところから徐々に養生は外されていく。
















DSC_0144.JPG屋根が形も見えてきた。
















DSC_0145.JPG

横に寝かされている

木材も少なくなってきた















DSC_0146.JPG

手際よく

組まれていく。














DSC_0147マデ .JPG

ここは多分玄関を外から撮ったところ


外はうだるような暑さだ。

応援部対も含め、

10人前後で仕上げていた。


この後、棟上げが行われ、

四つ角隅に白米とお酒を蒔き、

10人の方々の前で一席ぶち上げ

労をねぎらい御祝儀を差し上げた。


御祝儀は、金一封と缶ビール

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅