So-net無料ブログ作成

選挙目的ではないのかな? [新聞記事]

2019.7.14


こんにちは。

今日も一日雨。朝方は結構降ったらしいが、少しだけ朝寝坊で降り終わった後に目が覚めた。

やっとすべての仕事が終わりそう。今、打ち終わったところ。あとは見直しをして郵送すれば仕事から開放される。


----・----・----


選挙目的ではないのか、そんなことを考えてしまう今回の判断。確かに遊説をしても受けはいいだろう。

何のことかというと、それはハンセン病の控訴断念のこと。ハンセン病隔離政策は、当時の偏見を助長したことは間違いはない。私は法律に関しても、ハンセン病に関しても門外漢であるからして余り大きなことは言えないが、政府としては全面的に心からゴメンナサイと言っているわけではない。つまり、普通なら---選挙前でなければ即日抗告ではなかったのか。

ハンセン病のことは、早急に和解し、精神的なダメージも国が一刻も早く解決すべき事案ではあることは間違いない。しかし、その動機が不純だと言いたい。

国側から立ってみれば、ハンセン病の患者には補償をすべきだが、その家族に対しての補償云々となると、その具体的方法、金額、範囲と非常に難しい選択をしなければならないし、事務方は具体的には何もまだ決めていないということからして、いかにこの決定が付け焼き刃的であるというのは、この愚鈍な私だってわかることだ。

そう、だから選挙目的ではないのかと言いたいのだ。

私利私欲のために政策を曲げてはいけない。選挙目的のために、国の信条を曲げてはいけない。

森友・加計問題の公権力不適切対応、公文書偽造、統計不正・・・・。

諸事を見、学んだ我々国民は、そんな政権が消費税をちゃんと真っ正直に使ってくれるんだろうかと疑いたくなるのは当然の理。

困ったね。あと1週間で投票日。この国を本当によくしてくれる人は誰なんだろう。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント