So-net無料ブログ作成

仕方ないと思うことは負けを認めること? [新聞記事]

2019.1.20


こんばんは。


今、駐車場を介護の人に空けなければいけないので、その間、車の置き場所を床屋にすることにした。ちょうどほどよい具合に2か月近く床屋には行っていなかったので、ついでに散髪をしてきた。

床屋と医者は同じ人がいいと言うが、床屋は技術がよい人にめぐり合ったので、気がつくと20年近く同じところに行っている。しかし、医者はなかなか、そうはいかない。私が医者嫌いというわけでもないだろうが、なかなかいい人(技術を持っている人?)にめぐり合えない。床屋にしても、医者にしても、その人間性を求めているわけでは・・・・多分なく、同じ趣味を求めているわけでも当然ない。共通して求めていることは、両者とも、その「技術」を求めていることは確かだ。


お医者さんには申し訳ないが、その「技術」、「これだ!」と「!」マークが付くお医者さんにはめぐり合えない。ということはその「技術」を持って人が少ないのか。ただただ、私の目の前に現れないだけなのか。この年になっても現れないということは、かなり人材不足??と思ってしまう。


幸いにして、流行に乗り遅れている私は、まだインフルエンザにはかかっていない。だから、今年はまだ「技術」のないお医者さんにかかっていないので不満を持たずに過ごせている。

これ以上言うとお医者さんに怒られそうだから、この辺にしておこう。


表題の「仕方ないと思うことは負けを認めること」まではいかなかった。また次回、このお話は書きたいと思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント