So-net無料ブログ作成

言いたいは言う [生活]

2018.11.27


こんばんは。

先程、外溝さんとハウスメーカーさんと話し合い。

今まで我慢してきたことを言ってしまった。


先に到着した外溝さんには、雨水が庭に留まるのは外溝工事のせいになる可能性はないの?と尋ねておいた。

(今までの経緯の詳細は前の部分を読んでください)


外溝「大丈夫だと思います。今までも、そんなことはなかったので・・・。」

私「駐車場の高低差をとるのに、こんなに悪戦苦闘しなきゃいけないのは、GLのせいじゃないの?」

外溝「そういうこともありますね・・・・」

GLの設定は設計士のやる仕事。話し合いをした、しないの話になってくるが、具体的な話は出てこなかったわけで、設計士がその件に触れたことはあったとしても、それは道路での立ち話程度の話。

具体的に、どのくらい土を入れますかと聞かれたこともないし、GL(基礎を0としたときの地盤面)はどこにしますかと聞かれたことも皆無。皆、設計士の判断になっている。


当事者の設計士もそこにいたが、私は話す相手は所長に絞り、多分、埒が明かないであろう設計士ご本人を無視し続けた。

怒りは一向に納まることもなく、こちらの主張は主張として、今までの気持ちをぶつけてしまった。やはり元の地盤のとり方にミスがあったのではないか。そういう気持ちに戻ってしまうことを申しつけておいた。

家は既に建ってしまっているので、どうしようもないが、今後、庭づくりは庭づくりとして、高低差のことに関して余分な工事が行われた場合は、しっかりとハウスメーカーが負担しろ。また、今後、不具合が出た場合には、確実に保証する旨、その営業マン個人ではなく、会社として責任を持つ旨の一筆を書けと言って了承された。


その後は何事もないように外溝の話を冗談を含め進めたが、我ながら少しだけ感情のコントロールができたとほっとした。


言いたいことは言う。組織人ではない場合は、大いに言うべきだと実感した。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント