So-net無料ブログ作成

あの山に登ろう [生活]

2018.11.10

 

こんばんは。

 

今週もいろいろなことがあった。

営業の出先の人との出会い。

クライアントのクレーム。

仕事の漏れ。打合せの遅刻。

寝坊。車内でのうたた寝。終電乗り遅れ。

部下の不満。上司からの叱責。理不尽な命令。理不尽な異動配置

 

どんなことがあっても「時」は流れていく。

詰まらないときも、楽しいときも、そのスピードと量は皆同じだ。

その「とき」は同期のライバルと同じ量、同じスピートなのに、どうして、こうも違う結果になるのか。

 

何であいつばっかり。えこひいきもあるかもしれない。

気に入られているといいよな。

あの部長のいる間は日の目を見れそうもない。

だから、じっと風がやむのを待とう。

しかし、風をやむのを待つから仕事が進まない。

 

そんな愚痴を気の合う仲間で言い合う。

言い合ったところで結果が出るわけじゃないのに、つい言ってしまう。

自分の弱いところだ。酒に流されている自分が惨めだ。

 

頻繁に上司が自分に会いに来る。

なぜだ?

私しゃ、何もやっちゃいないぜ。

なんか悪いことをした罪人のような気持ちだ。

何もやっちゃいないし、目立ったミスもしていないはず。

いや、今日した発注ミスは大したことはないし、そんな直ぐに上司に伝わるはずはない。

 

延々と悶々と気持ちは続く、時間の続く限り気持ちは続く。

 

この週末にすべてを断ち切れ、忙しい週明けは直ぐ目の前だ。

新しい自分で、新しい目標を、ライバルより前に進み、達成感を知れ。

きっといい日が来る。

周りのペースに自分を合わせるな、自分のペースに周りが合わせろ。

きっといい日が来るはず。新しい自分が見えるはず。


この時は一つ、そして、このときは君のものだ。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント