So-net無料ブログ作成

怠慢 [新聞記事]

2018.10.4


こんばんは。


今、愚息の家から帰ってきた。今日は孫の習い事の送り迎えに駆り出される。

毎週の話で、端から見ると「馬鹿じゃないの」と言われそうだが、本当に馬鹿です。


家人曰く「お役に立てるうちが華よ」「不自由になったら、何もしてあげられない。今のうちよ」

そう言われればごもっとも。了見の狭い私としては、なるほどと一理あるお言葉。


愚息の嫁の実家は全くノータッチ。それをグチグチ言うのは簡単だが、全くノータッチだからこそ、こんなにも孫の面倒が見られる。そういう状況下にいる自分を幸せだと思うべき。普通は愚息嫁の実家がほとんどをカバーして、息子の親の我々が出る幕はなかなかないのが通り相場。


そう思えば、私たちのいるポジションは、確かにラッキーポジションかもしれない。

孫とミニストップ・イートインで食べる苺ソフトは格別かもしれない。



----・----・----


児童相談所の怠慢がまた新聞に載っていた。

しょせんは他人事。所轄の児相の課長が半笑みを浮かべながら「配慮が足りなかった」というコメントには怒りが湧き出てくる。


今回の事件は、例のかわいい幼児虐待だ。所轄が変わって、その連絡不徹底ということもあったし、各々の児相の担当者の突っ込み方も不十分であった。これは毎度のこと。いじめの教育長の会見といい、児童相談所の担当者の会見といい。すべては皆他人事であるスタンスは間違いない。


教育委員会、児童相談所、民生委員、この辺の人たちの他人事スタンスは、行政トップの教育の徹底がない限り、毎回毎回、同じことの繰り返しだ。


給金をもらっている以上は、責任ある仕事をすべきだと思う。公僕は徹頭徹尾仕事を全うしてもらいたいとつくづく思う。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント