So-net無料ブログ作成

早13年が過ぎた [父の話]

2018.8.26


あっ~~~ついね。


空気を吸うと生暖かいものが胃に入ってきて気分が滅入る。

蒸し風呂を当に越して室の中にいるようだ。


さっきスーパーに行ったけど、「赤城しぐれ」に代表されるかき氷類は全くなくなって、やっとのこと、フリーザーの奥深くにガリガリ君を見つけて買ってきた。



----・----・----



20年患った父が93歳で亡くなって、早13年が経ってしまった。

一応、13回忌ということで法要を行った。愚息が大阪から来たついでということで、この暑い中行った。我等一家と姉が嫁いだ一家の総勢14名。


世話になっている和尚は東京にいるので、東京のお寺で法要を行った。お坊様にはそこでお別れをいただき、私たち近親者だけで墓に行き、一席を設けて帰ってきた。


私の姉が「ついでだから飛行機を見たい」と言ってきたので、飛行機を見えるホテルということになった。ネットではかなり評判は悪く、こんな名前のホテルがあったんだと思わせるホテルであったが、飛行場のすぐ脇であり、姉上様のご所望ならとそこを渋々予約した。




評判どおりのホテルであった。



ネットではアメニティセットが置いていないとクレームが載っていた。この方は飛ぶはずであった飛行機が飛ばずに、航空会社から手配されたホテルが、そのホテルであったと書いてあった。


深夜に事は起こったらしく・・・・。

投稿者「歯ブラシが部屋にないけど」 

ホテル「当ホテルにはアメニティセットは置いておりません」

投稿者「じゃ、近くにコンビニはあるの」

ホテル「近くにはありませんね。一階にありますが、閉まっておりますので・・・・」

投稿者「じゃ、開けてくれないかな」

という問答があって、やっと開けてくれたとか。


そんなホテルなので、事前にランチの下見。1か月前に予約、料理の打ち合わせは手抜かりなく行っておいた。


【打ち合わせ時のこと】

私「このコース、1品を別のものに変えてもらえるかな」

担当者「原則、この3つのコースのみになります」

私「昼にランチがおいしかったから、肉のパテじゃなくて、サラダにしてほしいと思ったんだけどね」

担当者「少々お待ちいただけますか、担当の者と相談してみます」
と言って、2週間ほど経過しても返事がない。
【雑談でお願いをしてみた】
私「ホテルにプールがあるようだけど、それに入れないかな」
担当者「はい、プールは宿泊者だけとなっておりまして・・・」(食事のみの方は利用できない)とのこと。
私「あっ、そう。じゃ、いいや」
私(「我々だけのためにプールに水を張るわけじゃない。既に水は張ってあるわけだし、ただで使わせろと言っているわけではないから、使用料を払うから使わせろ」)と心の叫び。


ということで飛行機が間近で見られることがなければ、とっくの昔にキャンセルをしていたホテルであった。今どき、非常に珍しい、客を客とも見ない大仰な商売をするホテルであった。


じゃ、誰をターゲットに商売をしているんだろうという疑問。

法事の当日、支払いのためカウンターに行ってみると、やはり外国人ばかり。特に中国人ばかりがうようよしていた。


法要という節目柄、腹は立てず、見るものは見ず、ただただ淡々と事を進め、無事終了と相成った。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント