So-net無料ブログ作成

1・2・3・・・・・・・ [新聞記事]

2018.8.14


おはようございます。


火傷は水ぶくれとなった。処方されたステロイド軟膏を塗ってはいるが、これといった変化はない。

椅子に座る状態で肘掛けに手を添えるとちょうど火傷の場所が当たる。


水ぶくれの箇所が物に当たると少しつれたような痛みがある。水泡は破らないほうがいいと昨日訪問看護師に言われたので、これは大事にとっておきたいので、薬局に行き火傷用の絆創膏を購入、ネット包帯も買った。今はいろいろな絆創膏があるのでびっくり、選ぶのに一苦労だ。水泡などの体液もしっかりと吸収してくれるらしい。


----・----・----


「1・2・3・・・・」この数字を何度確認したことだろう。

小学生の子どもを送り出し、ふとテレビをつけるとニュース速報


信じられないニュースが飛び込んできた。「まさか」と思う。


違うでしょう。そんなことあるわけない。


メモを探す。記憶では「123」、ポケットにメモを入れたはず。


「日航123便」・・・・・・・。


こんな形で我が子・我が父母を亡くした方々が520人もいたことになる。

もう33年前の事故だ。


当時はテレビ中継もされ、惨憺たる惨状を執拗に映し出し、国民は皆テレビに釘付けになっていた。


お一人の生存者をヘリコプターで引き上げるのも中継され、ご家族とご本人にとっては今もいたたまれない想いが残るに違いない。


時はときに残酷で、そんなことも新聞の片隅に追いやれ、皆皆忘れていく。

いいことも悪いことも皆忘れ去っていく。


人間はどんな災難に遭っても、わずかな希望を見続けて生きていけるけど、忘れていけない災いもあることを忘れてはいけない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント