So-net無料ブログ作成

コンセントの出火 [生活]

208.7.10


おはようございます。


昨日は千葉でもスコール的な雨が、かなり激しく降ってきた。

太陽はさんさんと照っていて、その光で雨はキラキラ光っていた。


久々にウキウキするような雨であった。


小学生のころ、1キロ以上先のアスファルトの道路が、黒く変わってこちらに向かって来ることがあった。

それは「ガァー」という音、「ザァー」という音を伴って私に向かってきた。



夢かと思った。夢であってほしいと思った。

私は思わず逃げた。その黒い、聞いたこともないような音と共に迫ってくるものから逃げた。


しかし、それは夢でなく、確かなことだと直ぐにわかった。


あっという間には、私はびしょ濡れになった


そう。雨が自分に向かって迫ってきたのだ。

本当に運がよかった、そんなのなかなか見られないから。

そんなことをふと思い出した、初夏の雨であった


西日本の方には本当に申し訳ないと思うばかりだ。



----・----・----


実家の仏壇で手を合わせていたとき、その仏壇横の壁にコンセントがあった。


そのコンセントにはずっと前から電気コードが差してあった。

別に気にとめるでもなく、至極当然とそれを見て、仏壇から離れようとしたときのことだ。


そのコンセントが「ボッ!」と火柱が上がった。一瞬でその火柱は消え、コンセントの周りは黒く焦げついていた。


私は何が起こったのか、ちょっと見当がつかなかったが、恐る恐るそのコンセントを見た。コンセントのプラスチックの部分は焼けただれ、歪んで、黒ずんでいた


熱いだろうことは想像できたので、冷めたころう見計らってゆっくりとコンセントを抜いた


そうか、これがコンセント火災なんだ。


コンセントの差し込み部分と壁との間が少しだけ、ほんの少しだけ開いていて、そこにがたまっていて、それが燃えたのがわかった。


大事には至らなかったが、怖いね。


よくよく考えると家中、コンセントにプラグは差し込みっ放し状態だ。


プラグはきっちりコンセントに入れ、間を開けないコードはグニァグニァ束ねない。これは鉄則だそうだ。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント