So-net無料ブログ作成

勝負勘 [新聞記事]

2018.7.3
おはようございます。
サッカー観戦をしたいために3時に起床。
年寄りだけど、若者に遅れまいと頑張ってしまった
予選は全く見なかった。それは予選だから以外の理由はないが、決勝は一発勝負だからね。やはりダイジェストでは物足りない。あれから、どれだけ成長したか、しっかり臨場感をもって見てみたいという、外野席からで申し訳ないが、そんな気持ちから早起きをした。
あれから????
若者は多分、見ていなかったか、見たとしても記憶は霞んでいると思うけど、その再来を思い出してしまった。
それは、あのドーハの悲劇です。
今、これをご覧になっている方々はほとんどの方がサッカー観戦済みだから、くどい話は不要だけど・・・。
相手のキーパーは強者です。あの人のアンダーパス1本で勝負あり
・・・でしたね。
昔(と言って20年?ぐらい前)、ファウルをとられて、ボールをセットし、再プレーをする。
今は、当然のことだけど、昔はそんなことですら、スピードがなかった日本
セットして、すぐプレーする外国人チーム、それだけで翻弄され続け、裏をとられたように動揺し、失点する日本
ボールをセットし、審判のホイッスルが鳴らないと再プレーは御法度だと思っていた節があった日本。
「えっ、うそ~~。何言っている、このおやじ」と言われても、それが現実だった。
それを思い出した。
最後に逆転された、あの3点目
日本のゴールキーパーだったら、ボールを捕球し、みんなが敵陣に戻り体制を整えてからボールをパスしただろう。
しかし、ベルギーのあのキーパー(名前も知らなくて申し訳ない)は、味方の体制が整っていないにもかかわらず、たった一人の味方(シャドリ)にアンダーパスをした。これが見事に足元に転がり、シュート。日本は3人守備、ベルギーは1人の攻撃。
もちろん、ベルギーの個人技の高さもあるだろうが、それよりも、何よりもゲームに対する切り換えの速さだった。
日本はシュートしたら、それでほんの少しの間を入れたがる。それはサッカーには不要だ。そこがサッカーのターニングポイントなんだね
ドーハ時代の感覚は少しも是正されていなかったような
急激な変化が最大のチャンス。「間」を入れてはいけない
人生も同じ、ターニングポイントは急激な変化だ。
さあ、ターニングポイントに備えて仕事をするぞよ。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント