So-net無料ブログ作成

最後の床屋さん? [生活]

2018.6.9


おはようございます。


今日は早起きをして、一つ仕事を終わらせた。

梅雨突入前の最後の晴れ間になるのか。今のところ今日もいい天気だ。


幸いにして、今日は地鎮祭をするので好都合。

11時からということなので、その前に仕事を仕上げておいた。


----・----・----



昨日、頭髪は完全消滅寸前だけれど、一応、床屋に行ってきた。

頭部の周りは、どういうわけか伸びるから、行くのは面倒なのだけれど、月一で行っている。


家人にいつも言われるのだけれど、若い時分と違って、老人はとかく汚く見えるから、いつもきれいにしていろと言う。

 

確かに、若者が簾のようなジーパンを履けば、それはそれで恰好がいい

老人がそれを履いたら、どうなるのか。


それは浮浪者だ


これはどうあがいても逆らうことはできない「時の重み」というものか。

嫌な重みだ。


最近、肩がこるのはその重みかと妙に納得!

朝からしょうもないことを書いている。


ということで、今日は床屋さんの話。

 

いつも行きつけの床屋に行っている。大体、多くの方がそうだと思う。お気に入りのところに行く。

これは男も女も皆同じだ。お金も結構かかるしね。


若いころは美容院に行っていた。若干安かったということもあるが、髭をそられるのが嫌だったので、美容院にしたような気がする。時間も短くて済む。


ここ20年はずっと同じ床屋。転勤で間が空いたので、通算すると30年になる。

床屋の御大は私と同じ年だ。ちょっと強面だが、礼儀も正しい。それよりももっといいのが、その技だ。


とにかく気持ちがいいし、正確なハサミ使いだ。その技に乗せられて、ついつい居眠りをしてしまう。眠らないことは今までで1~2回。気がつくと「はい、お待たせしました」と椅子を起こされる。


そんな彼も来月、白内障の手術だと言う。しかも両目だ。左はもう霞んでしまっていて、右目だけでやっている。昔取った杵柄でハサミ使いは問題ないとか。


ちょうど1か月後に手術だそうだ。


その前にもう一度、彼の技に酔いしれに行こう。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント