So-net無料ブログ作成

いやはや、ちょっと焦ってしまいましたよ [生活]

2018.4.5


こんばんは。


昨日のこと。


私はいつもとおり、仕事が一段落した後、夕刻、庭に出て雑草取りとバラに薬の散布をした。


我が家は雨戸(シャッター)がある。そのシャッターはタイマーで開閉される。だから、夕刻ある時間になると自然と閉まることになる。普段はその時間を何となく肌で感じて、シャッターを下りるのを確認しつつ、そっとシャッターの下に手を差し伸べるとシャッターは止まり、元に戻る(開く)ことになっている。


昨日もその段取りで、時間になったら、手を差し伸べればいいと思い、バラに薬を散布していた。

南の庭から西の玄関側に周り、玄関の前にあるパーゴラに絡んでいるバラに薬を散布。

「これでよし!」と庭に戻ってきた。


何気なく先程出てきた吐き出しの南の窓を見た。


ゲゲッ・・・・・・・。



しっかりとシャッターは閉まっていた。4面ある自動シャッターで、そこが最後に閉まるシャッターだった。そこが閉まると家の全部が閉まってしまうことになる。

いつも家人が家の中にいる。だから、家人を呼べば済む。



しかしだ・・・・・その日は家人は出かけていた


まずい!


家の中には誰もいない。シャッターは閉まってしまった。私は鍵を持っていない。

つまり、家に入れない。勝手口に回った。ひょっとしたら開いているかも・・・・・。


びくともしない。玄関、もちろん閉まっていた

仕方ない。家人が帰ってくるのを待とう。


時間は18時を回っていて、少し暗くなり始めていた。

もう少し雑草でもとって時間を潰そう。




ふと、考えが思いついた。




そうだ。梯子がある。それを掛けて二階に上がろう。

壁に梯子を掛けた。


全然足りん。短すぎる


そうだ!パーゴラに立てかけて、パーゴラに上り、そこから二階に入り込む---これしかない。

(パーゴラ・・・・ブドウ棚より頑丈なもので、バラを絡ませる棚のようなもの)


パーゴラに登った。足元は2階より1メートルぐらい低い。そこから二階の窓の柵に手をかけて登ろうと思ったが、肩口のところにある柵を掴み、身体を引き上げなければ部屋には入れない。


柵は外れないだろうか。身体を引き上げるだけの力が出るだろうか。肩が痛くなってから、力を入れることに関しては全く自信がない。


何度か予習をし、周りに人がいないことを確認し、鉄棒によじ登る要領で柵をよじ登った。

軽く飛び上がり、頭ぐらいの高さにある柵まで、身体を引っ張り上げた


「ウッ!ヨッ!」


上がった! ベルトのところまで柵がきた。身体を柵に託し、頭から部屋に転がり込んだ。


セー~~~~~フ。


家に入れた。


家あった携帯を見た。


「駅に着きました。迎えをお願いします。」と何も知らない家人からメールがあった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント