So-net無料ブログ作成

目標に対してぶれていないことを確認する。 [生活]

2018.2.20


こんばんは。


今日はが来ている。古屋の処分過程、家人が義姉に立ち会ってもらったほうがいい。欲しいものが出てくる場合もあるから、価値があるなしにかかわらず、義姉の立ち会いは絶対だという声に納得したこともあって、2回目の立ち会いとなった。前回は足の踏み場もない状態だったが、今回はかなり片づいていて、反物などが出てきてしまっては、私は構わず処分を選択したいが、彼女はそうはいかないものもあるのではないか。


ということで丸一日をかけて、大体見てもらった。宝石---とは言っても金銭価値あるものではなく、思い出価値のあるものが多かったが、勝手に処分したと言われても困るので、よい機会をつくったと思っている。


----・----・----・----


新年度になって1カ月と19日経ったわけだが、毎年、新年の抱負を書き留めることにしている。今年も目標を設定した。毎年毎年を振り返ると決して完遂の判子は付けないものが多いが、自分がこの年何をしたかったのかがわかって、振り返るにはいい機会だ。


日々いろいろなことの中で、自分を忘れることが多々ある。それは人間として当然であり、全く問題はない。問題は、そのいろいろなことの中で目標を忘れることだ。それは自分の立ち位置を忘れることと同義を意味する。だから忘れてはいけない。


その道に精通した人が共通して言っている言葉で、目標を机の前に書いて張っていると言っている。確かに、目の前に張っていれば、それは否応もなく入り込む。

それは時として、逃避したいと思うような目標であるだろう。しかし、それから逃げてはいけない。きっといいことがある。そう信じて目標にぶれない自分を見つけることだ。もし、見つけられないことがあれば、十歩でも二十歩でも後退し、それを見つけることだ。


急がば回れだ。50年も前に聞いた諺だが、今も立派に生きている。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント