So-net無料ブログ作成

お母さんを見ればすべてがわかるかも・・・ [生活]

2017.12.28


全く違う人間が同じ屋根のもと、一緒に生活する。それも期限なしのendless。


何のことか。


若者が躊躇する 結婚のことだ


もちろん、若かりし時分、結婚しろとか、なぜ結婚しないのかと他人様に言われれば、そこそこ答えるんだろうけど、やはり、照れがあるから「面倒くさい」という言葉を隠れ蓑にしてしまうような気がする。

だから、若者が面倒くさいという言葉には、真実を写しきっていない、信憑性がないような気がする。


確かに、若いころ異性に声をかけることも大きなハードルだし、近くに気持ちが通じそうな人間があらわれること自体奇跡に近いわけで、そんな出会いがない大多数の人間にとって、お見合いという手段があるが、それもちょっとハードルが高い。


お見合いと言えば、そんな面倒みのいい叔母さんも近所にはいなくなった。昔は生命保険のおばちゃんが仲介役にいて、お見合い写真片手に保険加入をしていたものだ。


それはさておき、では、彼女とうまくいくかいかないかは、どうしたらわかるのだろう。


結婚した以上、進んで別れるという選択肢はないはず。でも、この人とうまくいくかいかないかは、ある意味、丁か半かの世界だと言っても決して言い過ぎではないことも事実だ。


じゃ、どうする。


この拙い(つたない)ブログを読んでくれる方も少数いるわけで、その方たちが、どの年齢かは分かる術もないので、勝手に私よりは若い人たちだと思って書くことにすると・・・・。


最近、身近に起こったことを見ていると、家人もそうだが、彼女のお母さんを見ると将来が見えてくるということが、何となく浮かんできた。


男はお母さん似、女はお父さん似だと言うけれど、人生の途中経過では確かにそういうこともある。しかし、最終的には、はやり、同性に酷似してくる


つまり、「彼女の母を見よ」「彼氏の父を見よ」ということだ。どんなにきれいな人でも年をとる。どんな美男でも年をとる。年をとったときでも、その人が愛せるか。その母を見て、それを良しとするか、しないかだ。

 

「えっ!」と思うようなお母さんであった場合、極論すれば、辞退するほうが無難だということかもしれない。


私の近くにも、その手の考えていくと大変なことになりそうな御仁がいる。その方に災難が降りかからないよう、切に願うばかりだ。


DNAは外面は言うに及ばず、内面は100%継承していく。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント