So-net無料ブログ作成

家づくりは一回では成功しない(22)-1ミリの世界 [生活]

2017.12.13


毎回、少し心が曇ることがある。それは表題と自分が打っていることに余りにかけ離れていることだ。

大概、更新をしない日は、証拠金取引の項目を読んでいただいている方が多く、「いや~、もっとFXのことを書かなければな」と思う次第。思っているだけで書かない自分が情けないが、もう少し待っていただけるとありがたい。デモのこと、日時維持率の変更のこと、自動売買の成果、税金のこと、法人化のメリットデメリット。書くことは事欠かない。ゴルフとかの個人競技と同じで、欲をかかないことに尽きるのだが・・・・。


---・----・----・----


今回家づくりをしていて、しっかりと図面を自分でも引いている。しかし、それは大雑把な図ではなく、100分の1のサイズで、定規を当て、正確にものを配置し、区分けしている。当然と言えば当然だが、私は恥ずかしながら、そこはすべて設計士さんにお任せであった。「ここにこれ入りますか?」、「ここはこうしてほしい」と言うだけ。


今回図面を引いてみて感じたことは、つくづく設計図は大変だということだ。いい方法はいろいろとあるのだろうし、最近はパソコンにいろいろなパターンを入れるだけでいいようなものもある。しかし、実際に顧客が違えば希望も違う。それを図面化するのは、鉛筆と定規と消しゴムの世界で、緻密さと根気と時間が必要になる。


今日お願いしたのは、設計士さんが書いた図面ではお風呂が1820×1820サイズ。風呂と洗面所は合計2400×1820のスペースがあるのだが、我が家の今のお風呂は1600×1600なので、やはり1600に変更してもらった。そうすることで洗面台が多少なりとも広くなり、洗面所の棚収納が少しだけ多くとれるようになるから、というものであった。


設計士さんにとってはとんでもないお客なのだろうが、そうじゃないと実際にできたときに「あれっ?」と「?」マークがたくさん付くことになってしまう。家はやり直しが簡単には効かないからね。ここは辛抱強くやらなければいけない。






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント