So-net無料ブログ作成

何でも最後まであきらめないことだ [生活]

2017.12.2


今、古屋の整理を小一時間してきた。片づけるところは、あっちを見ればあっちに、こっちを見ればこっちにあるものだから、依然、家の中はグチャグチャだ。他人が見たら、二度と入りたくないと言うであろう状況に変わりはない。


そこで唯一いいことがあった。これでまた、私のアイディンティティというか、自分の自我というか、根本精神を築いてしまうような出来事が起こった。(単純人間だから、こんなことでアイデンティティが確率される。イイネ、平和で)




・・・・と言うと何があったかと思うだろうが、多分、他人さんが読んだら、大したことないじゃんと言う程度のことだ。


それは今から逆上ること40年と2カ月前。私達の結婚式があったのだけれど、いただいた御祝儀袋が大事に埃をかぶって段ボールから出てきた。もちろん中身はそのときに処分しているわけだけれど、大事に水引もかけたてあるものだから、ついつい中身が入っていないとは思いつつも、いちいち中身をチェック!


「やっぱり、あるわけないよね。」「時間の無駄だな」・・・・・・・・・・・・・と


と・・・・・・・思った瞬間。


当時のことだから、結構派手婚で、私のほうだけで100人近くはいたんです

最後の最後の3つ目。もういい加減にやめようと思ったとき・・・・・・。


出てきてしまったんですね。ある方からの御祝儀袋を窓ガラスにほうに透かして見たら、中袋が入っていたんです。でも、中袋だけだということもあるから、まだ喜ぶわけにもいかない。

 

100人近い水引を開ける作業をしていたものだから、またご存じのように、あの水引はすごく開けるのに手間がかかるものだから、ビリビリに破いて開けていたわけです。


これで終わる、あと3つ、入っているわけもないから、まとめて捨ててしまおうと思ったとき・・・・・・


入っていたんですね。[手(グー)][手(グー)][手(チョキ)]2万円。うそのようなホントの話。


あの聖徳太子様の旧紙幣。おごそかなる大きな紙幣で、ATMなんぞを見向きもしない。決して相手にしない。銀行も、JRも、郵便局も、もちろんコンビニだって歯が立ちません。


その大判1万円札が2枚も。


ほんの小さなことですが、何事も最後まであきらめないことが目標を達成する近道かもしれないと思ってしまった一日でした。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント