So-net無料ブログ作成

竹中平蔵さんはお見通しです。 [新聞記事]

2017.12.2


今日も早起きで一仕事。本職のほうも昨日行ってきたものがあるから、これをこれからやらなければいけない。

古屋の片づけ、新築屋の設計、本業とちょっと忙しない。せっせっせとやらなければ。



---・----・----・----


昨日の新聞だったか、竹中平蔵さんがインタビューに答えていた。今の金融緩和のことについて。


彼は明確に正確に的を射抜いていた。


金融改革、日銀はやることはやった。黒田さんにご同情申し上げる。

しかし、政府のほうの規制改革、構造改革が進んでいない。

これでは成果は上げられない。安倍さんがトップのときに、そこはやってもらわないといけない。


ざっとこんなコメントだったと思う。


安倍一次内閣のとき、彼のリーダーシップのなさで竹中さんの敷いたレールが次々と官僚たちの反乱でなぎ倒されてしまった。


「えっ」、これも言わせたままで通してしまうのか、と思うここが多々あって、安倍さんが何も言わないものだから、小泉-竹中路線で決めたものが、次から次と将棋倒し状態になってしまった。

(小泉さんが退陣と同時に竹中さんも辞職した)


の構造改革特区と称してやっていた森友、加計問題にしても、反対のない、波の立たないところに(お友達)は実行されるが、波風の立つようなところ に触手が進まないのは、当時の安倍さんと寸分違わい、成長のない安倍さんがそこにいるということだ。これでは、彼の言う「三本の矢?」(竹中さんが言う構造改革)はほど遠く、お題目だけ唱えているだけになってしまう。


幾らバズーカ黒田砲も打ち上げても、同時に強力な構造改革をしなければ、事は成就できない。


ボンボンの安倍さんには、諸肌を脱ぐ喧嘩はできないんだろうな。

できることといったら、「加計・特区」の手前味噌ぐらいだ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント