So-net無料ブログ作成

水窪ダムのバスは素直だ(12)-バスボートの快感 [生活]

2017.11.30


さっき、家の図面、提案ナンバー2をファックスで送った。家内との折衷案だが、そのほうが彼女は納得してくれるので、そのようになりそうだ。



---・---・----・----・----


初めて彼のバスボートに乗った。私は今まで船といっても手漕ぎボートぐらいなので、ちょっと緊張気味に乗った。船は6畳ぐらいの広さであろうか。畳2枚を縦に三段並べた感じで、二人でキャストしてもお互いお祭り(糸が絡まない)しないぐらい十分に広い面積があった。


彼は器用にトレーラーをバックさせ、湖水にバスボートのスクリュー部分から徐々に水没させていった。バスボートのエンジンをかけ、船をトレーラーから離し、湖面に浮かべた。そしてまた、車に戻り、トレーラー付きの車を駐車場に持っていった。


その間、私は何もすることがなく(車を駐車場に入れることぐらいはできたが、何となく遠慮しておいた)、ぼーっと、その所作を見守っていた。


ボートが動き出した。それは見る見るスピードを上げ、水しぶきを上げ滑走を始めた。決してきれいな湖水ではないが、多くの水しぶきが顔にかかってきた。しかし、船が低く、滑走していく様は、まさに自分が飛行体になったようで、爽快以外の何者でもなく、湖水の汚さなどついぞ忘れてしまった。息はというと、ほとんどできない状態で、何とか、顔を横に向けることでようやく息継ぎができるほどであった。


釣り場のポイントに着いた。一挙に追いかけてくる波は、エンジン音が停止されるのと同じく押し寄せ、その後を追うように静寂が追いかけてきた。今までの轟音と強風と激しい波の飛沫がうそのようであった。また目線が低いためか、その臨場感たるや、その想像よりも、かなり上位に属してしまうほどの感覚であった。


これはぜひ、バスボートを所有して、思いっきり釣りをし、ボートを闊歩をさせることができたなら、楽しいに違いないと思ったが、ついぞ、その夢は「夢」という現実となって、私に現れるのみであった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント