So-net無料ブログ作成

水窪ダムのバスは素直だ(10) [生活]

2017.11.26


おはようございます。


今日も晴天だ。今日もがんばるしかないな。もう少しだ。折れそうな心を奮い立たせよう



----・----・----・----


バスの件で、結構見てくれる方がいるので、今日はこれを書くことにした。


ダム湖でのバス釣りはペンシルがいい。もちろん、フロートもいいし、ミノー、クライクベイト、バイブレーション何でもオッケイ。ただ、スウィッシャーでかかったことはない。


それはなぜか。



スウィッシャーはプロペラをバタバタと音をたてて進ませるもの。水窪ダムは両サイドは山で切り立っていて、くぼみにあるダムのせいか、とても静かだ。聞こえるのは、自分がキャストした足の踏ん張った音。「うっ」と声でもなく、言葉でもない、力んだ自分の掛け声。あとは鳶の鳴き声しか聞こえないからだ。つまり、プロペラはうるさ過ぎ、バスはびっくりして、キャスト地点からは遠ざかってしまうということだ。


やはり、キャストは静かに、極力音を立てず、ペンシルにしても、ホッパーにしても、キャストしてから20~30秒はじっと待つ、その後、急激に、ゆっくりとを繰り返して巻き始める。


彼らはキャストされた時点では、より深くもぐり、逃げる。しばらく、水面をじっと下から見上げ、その餌であろうルアーの動きを見続け、動き始めたところを「餌だ!」と叫びながら食らいつく・・・




・・・・・・・・・・・と信じている。



そのときの釣果は20匹は下らなかった。




次回は、バスボートの快感について。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント