So-net無料ブログ作成

さあ、結果が出るよ(2) [生活]

2017.10.22


さっきからブログになかなか入れない。困ったな。今もクリックしたけど、トップ画面が表示されず、いきなり管理画面になった。ログアウトをしたら、当分、入れなくなるかもしれない。


----・----・----・----


20時には大勢は判明するだろう。やはり、自民の圧勝か。今のところ前回の投票率より悪い。期日前投票を入れてもトントンだろうか。


これは圧倒的に自民有利なのか。いろいろ問題のあった議員が当選する。これを見て、きっとみんなは呆然とするかもしれない


加計・森友で完全に横槍を入れた人物も当選して高笑いをするのであろうか


日本の議会制民主主義は再び後退してしまうのか。


小泉純一郎さんが総理大臣だったころ、いろいろ問題も指摘はされたが、途上であったことを考えるともう少し様子を見てみたかったなと、思っている。

 

彼と竹中さんは少なくとも国民をだましてはいなかった。姑息にも自分たちの仲間に有利に働くようなことはしなかった。議員の議員としての劣化はさせなかったという点においては、議会制民主主義の前進ではあった。


彼の息子に少しだけ期待をしていたが、最近の彼の様子を見ていると、人気取りがいいと思っている節が合間に見られ、ちょっと残念だと思っている。もっと真摯に国民に向かい、現状を把握し、今政治は何をすべきかの鋭い触覚を研ぎ澄まさないと、取り巻きに、他の圧力にやられてしまうことを忘れてはいけない。


政界は生き馬の目を抜く


彼の人気と実力はかなり近似しているとは思うが、以前彼が言っていた児童手当も、どうなったのか。もっと精査して、国民の目線に立たないと頑強な内閣はつくれない。


---・----・----・----


小池さんは確かに女を意識させて仕事をする方であった。別に色気を出してうんぬんかんぬんではないが、もっと若いときは、それなりにきれいであったから、周りの男性どもは、どうしても彼女のペースになってしまう傾向があったように思う。それはいいにつけ、悪いにつけ、彼女の武器であることには違いがないわけだが、それが一国の総理、一都市の首長としては、どうなのか。深い洞察力と先見力があるかないかで、その成否はかかってくる。築地の問題も決して、「はい、終了」というわけではない。今後の彼女の動向に注目しなければいけない。


枝野さんの顔を見ていると、3.11の彼の記者会見を思い出す。あのとき、言われるがままに嘘っぽいことも発言しなければいけなかったのは、彼としても地団駄を踏む思いだったに違いないが、今回彼のとった行動は、それなりに筋を通したものだと思っているし、皆さんの行動も、きっと結果にあらわれていくのだと思う。今、一番の期待の星かもしれない。


彼の行動に希望の光を見たい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント