So-net無料ブログ作成

あおり運転の恐怖 [新聞記事]

2017.10.12


あおり運転の受け手としては、皆さん経験は大いにおありだと思う。


私も同様で武勇伝とまではいかないが、後から考えれば、全くくだらん痴話喧嘩のようなものだから、結論としては同じ土俵に乗らないことだ


今回の場合も注意喚起をしたのが原因で悲惨な事件となったようで、他人---ましてどこの、どういう素性の人間かわからない車という凶器を持った人間に対しては、全くの無視、視野に入れることすらしないことがベストのようだ。なまじ視野に入れるから腹立たしい思いをするわけで、クラックションや言葉での注意など、1対1の接触はやらないほうがいい。特に若いお兄さんに対しては尚更だ。


以前、ランサーエボリューションというスポーツカーを乗っていたときのことだ。

これを買った理由は、クウォリティに対する安さ、緊急避難に十分な発進力だ。当時は当然のごとく目立っていたに違いない。車体に20センチほどの引っかき傷も付けられたし、今回の事件のように京葉道路を走っているときに後ろでウネウネと至近距離であおられたこともあった。私も若かったので、「こいつ!」と思ったが、幸いにして道路は5メートル間隔でびっしりと車で埋まっていて、お互いに身動きができない状態であった。相手もあおってはみたものの、それ以上、自分の気持ちを発散することもできず、しばらくは私の車の後で右に左に動いているのみであった。私も少しブレーキを踏んでみたりはしたものの、それ以上のことは何もなく、しばらくして、追い越し車線が空いたところを脱兎のごとく相手は走っていった。


車を運転していると頭にくることが多い。しかし、怒ったところで、相手に直接訴えたところで、何も変わるものではない。嫌な気持ちが残るだけだ


彼らは車でしか自分の存在を発揮できない悲しい人間であるということを理解してあげて、「いいよ、いいよ、思いっきり気が済むまでやりなさい。」と思うことにしている。そのうち、飽きて走り去っていくことは確かだ。なまじ本気で相手をするから、その本気をわからない馬鹿者だから話がとんでもない方向に行ってしまう。


さっと身をかわすことも生きていくだと感じた事件であった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント