So-net無料ブログ作成

ひとりぼっちにさせてはいけない [新聞記事]

2017.9.30


また、社会人の自殺があった。たった半年ぐらいで命を絶った。


寮生活であったためか、近親者で異変に気づかなかったのかもしれないが、詳細はわかるはずもない。


しかし、これだけは確かだ。正社員24~5歳の男性。遺書残。

遺書の内容は「教えず、罵倒」とあった。


世の中には常にいじめはある。親切に教えてくれる先輩諸氏は少ない。大体、了見が狭いから出ようとする杭は打たれる。社会人の心得としては「杭」になり切ることか。


打たれても、打たれてもへこたれない「杭」になることだ。


あとは親の観察力


「あれっ、元気ないんじゃない?」、「ぼんやり、遠くを見てばかり」、「やせた?」、「会社で問題はないの?」、「どんな上司?」「仲間はできた?」等々、親は子どもを観察し、問い正すことは最低の義務だ。


いろいろな悩みは社会に出ると必ずある。


話したがらなくても、何度も聞くべきで、遺書を書くぐらいの人間ならば、きっといろいろな悩みも打ち明けたと思う。


そのご家族を非難しているわけではない。いろいろ事情があるから、当事者ではない私は、それ以上のことは全くわからない。これはあくまでも一般論


最低限、これは親としてやるべきことだと思う。昨日、新聞にも同じことがアンケートとして載っていたが、積極的に子どもに問いかける親ばかりではないようだ。


これは親の義務だ。幾つになっても子どもは親の経験値を超えることはできない。親はいつまで経っても子どもの教師なのだ。


命ある限り、子どもには生きる術を教え込む必要がある。


「二十歳になったら、子育て卒業ね「結婚したからあとは知らない」という言葉は、言葉だけにしなければいけない。


子どもはいつも親の助言を待っていて、社会人となった子どもを救える唯一の道は、友達ではなく、あなた自身であることを忘れてはいけない

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント