So-net無料ブログ作成

国会議員を「先生」と呼ぶ愚かさ [生活]

2017.9.27


今週は仕事に専念することになりそうだ。明日はかなりな雨が降るらしいから庭仕事もせずに仕事をやることになる。日中の母の昼食の世話に時間をとられるが、それが理由で仕事が遅れると思うほうが間違っているから、それを理由にはできまい。たった1時間だ。



国会議員を先生と呼ぶ。国会議員が近くにおられる方々は経験済みだと思うけど、全国市区町村のすべての議員は「先生」様だ。


先生は、医者と学校の先生とばかり思っていた人間にとっては大きな驚きだ

半分、からかっているのかと思うような方に対してまで先生と呼ぶわけで、その場にいると気恥ずかしい思いをすることも多い。


あの有名な「ハゲー」女議員もその一人だ。自分は偉いんだ。東大出身で官僚出?(あんまりくだらないんでよく読んでいないから不確か)、私は議員の中でも一番だと心の底では思っている方なんだろうから、あの暴言となったわけか?


しかし、その原因となったのは、その周りにいる人間の「先生」呼ばわりが誘因であることを忘れてはいけない。


「先生」「先生」ともし私たちが言われたとしたら、段々、「そうか、俺って先生なんだ」と思い始めてくるから呼称って不思議な力がある。


課長!」j呼ばれていると段々と課長の風貌となってくるし、「部長!」と呼ばれ続けていると、段々部長面になってくるから不思議だ。


政治家は私たちの税金でお給金をもらっている、「浄財」の類だ。だから、議員に対して「先生」と呼ぶこと自体が間違っているわけで、国民の誰もが彼らに対して厳しい目を向けて日々過ごしていかなければいけない。区市町村議員から今までに一度だって御用聞きの電話があっただろうか。きっとあったときは選挙のときだけだろう


つまり、選挙のときだけ御用聞きに成り下がるわけで、ほかの時期は全くその気配がない。だから、市民の要望はなかなか政治に反映されない。


だから、議員を先生と呼ばずに「〇×議員」と呼ぶのが一番いいという一席。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント