So-net無料ブログ作成

水窪ダムのバスは素直だ(5) [生活]

2017.9.1


ついに夏休みが終了。子どもの自殺率が一番高いのが9月1日。何事もないことを願いたいな。




【続】

どういうわけか何回投げても反応はいま一つ。あのバス以来、響きわたるのは、私のキャストと息づかいのみ。


ルアーを代えた。今まではリールを巻くと水の中に沈むシンキングタイプ。それをフローティングというプカプカいつでも浮いているタイプに変更。くじけた思いを奮い起こす。


大きく後ろにロッドを振って投げ込んだ。


ポチャン・・・・・波紋が幾重にも幾重にも重ね描かれ、湖面に落ちたルアーの音が響きわたる・・・・

そして静寂。


ダメか・・・・・・と思った瞬間。



ルアーの周りの水が盛り上がった


次の瞬間、「グァバッ」とバスがルアーに襲いかかった


今度はゆっくり、今度はゆっくり」と自分に言い聞かせた。ロッドとルアーの間は約100メートル。バスが食いついてから、それが手元に感じられるまでの時間は5秒ぐらいか。


黙視では瞬時に目に飛び込んでくるので、それに合わせてロッドを引っ張ってしまいがちだが、ロッドに伝わるには100メートル(5秒)の誤差がある。それを理解するには少しの時間が必要だった。


やった! バスを1匹ゲットした。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント