So-net無料ブログ作成

請求書が間違っていると申し出があった [医療・介護]

2017.6.20


介護事業所より、請求金額が違っていると文書が来た。昨年の9月分と10月分だそうだ。

2500円ほどの過払いがあるそうで、今月分と相殺したいといってきた。9月分は多く払い、10月分は少なく払っているそうだ。


私としてはどうでもいいことなので、そのまましておこうかと思ったが、前にも払った払わないがあった事業所なので、過分に払うのも馬鹿馬鹿しいので調べてみた。9月の請求書と10月の請求書の額のとおり、私は支払い領収書ももらった


今回先方の申出額は、それとも違っていた。じゃあ、何が違うのか。仕方なく電話をし、その旨を伝えた。その会計担当は勤め始めたばかりらしく、本部から言われたとおり、動いているとのこと


私「金額は違うけど、大した額ではないし、このままでいいことにしませんか」

先方「あっ、そうですか、違っていたんですか」

私「細かいことを言うときりがないので、若干、私が得をすることになるけど、本部が言っているんだから、そのままでいきません?お互い、忙しいし。あなたも介護をしながら会計をしているんでしょう?」

先方「ハッハッハッ・・・」

私「全然、それでいいですから、検討してください」


と電話を切ったけど、どうするんだろうか。きっとまた訂正をしたいと言ってくるんだろうな。(向こうが損をわけだし)



そうなると、馬鹿も休み休み言えと言いたくなってきちゃうけど、ここはじっくりと怒らずに大人の対応しなければいけない。


このご報告はまた後日。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0