So-net無料ブログ作成

中国が米国債を購入情報 [マネー]

2017.6.7


昨日、109.00あたりで待ちと書いたが、それには届かなかったが、今は109.20あたりに張りついている。


米国債の金利が急降下、2.1%まで下がったのは久々。

それに伴って、ドル安円高の相場展開。

なぜ、米国債金利が下がったか、その原因は、中国が「人民元の安定で米国債を追加購入する用意がある」と言ったらしい。


その国の国債を買う=その国の国債の金利は下がり、価格は上がる。


ドル円と米国債金利は連動して動くことが多いので、米国債チャートとドル円チャートを絶えず見比べる必要がある。


日本時間の相場展開はどうなるのか。4月中旬に108.50前後を最低ラインにして反転している。プロたちは、このあたりを目に据えているだろうから、再度仕掛けてくるとガクンと下がるから要注意。


当然、仕掛けられると日経と為替は関係なく動く。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0