So-net無料ブログ作成

母の話(19) [母のこと]

2017.4.27


昨日病院の帰り、電車の中で電話があった。介護事業者からの電話。

介護「こんばんは、今よろしいですか」

私「電車の中ですが、聞くだけ聞きます」

介護「実は、お母様がトイレ介助中、転んでしまいまして、その後、様子を見ていたのですが、異常はなかったんですが、もしその後、異常がありましたら申し訳ないので、お電話をしました。何かありましたら、何でもいたしますので、よろしくお願いします」


という電話。母は、もう自力で立つことは不可能。ちょっと目を離す気を許した瞬間に転んでしまうわけで、そのちょっとした間に転んでしまったんだと思う。これは不可抗力なので仕方がないのだけれど、人員不足で介護日数を減らしてほしいと言ってきた事業者なので、それなりの介護者の気持ちの問題も若干あったのかもしれないが、それは言ってみても仕方のないこと。


その後、恐る恐る母の家に行った。

排泄があったので、おむつ交換をしたついでに背中、腰、足、腕を見たが異常は見られず、ほっと安堵した。

老人の場合は、後日(2~3日とか、1週間後)に肌が紫になったり、晴れ上がったり、発熱したりで、いろいろなことが時間差をもってあわられるので、今後2週間ぐらいは注意をしなければいけない。


毎日がヒヤヒヤだ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0