So-net無料ブログ作成

第二次プラザ合意 [マネー]

2017.2.5

プラザ合意が再びあるのか。そんな物騒な話が昨日テレビで話し合われていた。

それぞれの専門家の言っていることで、タレント化した人たちではないので、それなりに現実味を帯びているような気がしたので、ちょっとビリリバリリブー??という感じだ。

過去の歴史を見ても、その国の首相がどうあれ--世論調査で劣勢であろうと最高裁で違法と判断されても---彼自身が決定され、それをまともに他国が影響を被ることは明々白々。落日の日は近いとしても、アメリカはまだまだ世界に影響力を持っていることは確かであり、トランプ政権が誕生し、政権運営を担当している以上、×は×、〇は〇であり、彼が雨と言えば雨で決して晴れにはならない。そのことは肝に命じておかなければならない。日本人の安倍さんがはっきりしないのは困りものだが、所詮、言っても言わなくてもダメはものは駄目だという人間であることを忘れてはいけない。彼もしたたかで、幾ら悪口を言った相手であっても、当然のように握手を交わし、笑顔を見せるのは至極当然の振る舞い

ただただ、日本として、日本人として、安全保障に関しては黒、移民受け入れについては赤、貿易に関しては白、緩和に関しては緑とはっきりものを言う、そういう態度が必要だ。日本が防衛費を払わない、不公平だと言っているのなら、払えばいい。その返す刀ではっきりと為替なり、貿易で主張すればいい。それが本当の独立国家の交渉力というものだ。

まあまあまあという態度、十分に検討します、後刻検討しますという態度が最悪な態度だということだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0