So-net無料ブログ作成

人間の性 [生活]

2016.12.8

スーパーで買い物をし、レジを通り、買い物袋に入れているといつも思うことがある。

これも決して、自分を偉ぶっているわけではない

買い物袋が流行りだして久しいけれど、レジ袋が有料の店舗では、ほとんどの人たちが買い物袋を持参してくる。いい傾向だ。

しかし、レジ袋がタダ(レジ袋代金をとられない)店舗では、買い物袋は多くは見受けられない。

確かにゴミ出しのときに使う貴重な袋ではあるが、チリも積もれば山になり、1市町村、1都県、1エリア、1国家となると、それは膨大な量になるだろう。もちろん、ちゃんと保管し、再利用している方も多いとは思うが、そうではない方も多いに違いない。クチャクチャとしてゴミにしてしまうとかね。

今回はレジ袋の使用量はどうでもいいのだ。

環境問題中央に置いて行動している方が少ない?   ことに愕然としたということ。

買い物袋を使うか使わないかは、レジ袋タダでもらえるか、有料かで決まってしまうということか。

これがすべてとは思わないが、人間は経済抜きにして環境問題を考えないということか

まず、自分の懐を第一に考え、その次に結果として環境問題がついてくるということ。

ことほど左様に、環境問題が行き着くところまで行き着かないと人間は変わらない。ひょっとしたら行き過ぎてしまって、痛い思いをして初めて気がつくのか。はたまた痛い思いをしてもわからないのが人間かもしれない。

人間の欲望は飽くなく、そして恐ろしい


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0