So-net無料ブログ作成

時間足の違いを知る [マネー]



2016.10.27

投資のスタイルによって、時間足のとらえ方は違っていて当然。



ここ半年間、底値で買うのをじっと待つ方は、じっくりと値上がりを待つ。したがって、決済回数は当然ながら少ない。分足での値頃感を求めることはあり得ない。日足だったり、60分足だったり、もっと長い3か月だったり、半年だったり。



スタンスはいろいろあって正解。どれがいけないという判断はない。しかし、自分の投資スタイルの判断を間違えると、大変なことになる。


大変とは何を意味するのか?

それは決済ができない。決済は短いほどいいに決まっている。

なぜ短いほうがいいのか、それは後日述べることにするが、それが1か月経ち、2か月経ち、3、4、5…………と過ぎっていってしまうことはざらにある


もちろん、スワップ狙いとかもあるけれど、売りポジションでガッチリとれる局面もあるわけで、売りポジションは絶対やらないという考え方は少し違うだろう。

そこは根本的に立ち位置が違う。それを理解できないとすべてが理解できないことになる






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0