So-net無料ブログ作成

初心者のFX:やはりスワップ狙い安全かもしれない、というお話(5) [マネー]

2016.10.17

前回は失礼したようで、意味不明な文章が散見された。誠に申し訳ない。一応、訂正したので、再読していただければと思っている。

 ・・・続き。


……ということは取引単位を多くすれば、その分、利益は増えることになる。

1万通貨を10万通貨に、20万通貨に、30万通貨……そして100万通貨にしようという欲望が出てくる。しかし、その分、リスクも高くなっていく。



ここからが本当の意味でのFXの工夫と辛抱が必要となる。

それはどんな工夫と辛抱なんだろうか。

(数値はざっくりした計算しやすい値を書いてある。考え方だけをお読み取りいただければと思います)



【工夫】

購入資金と回転資金の違いについて理解しておく必要がある。

あなたの総資金には購入資金と回転資金が混ざっているはず。

1万通貨を購入すれば、3万6,500が総資金からマイナスされるので、100が総資金なら963,500が残り、それが回転資金となる。

10万通貨を購入すれば、365,000が総資金からマイナスされるので、100が総資金なら635,000が残り、それが回転資金となる。

100万通貨を購入することは、できない。100万円が総資金なら、幾らまでなら購入できるか、その上限は27万通貨まで。しかし、回転資金は1万4,500円しかないから、6銭下がればロスカットはなる。(理由:27万通貨は1銭下がるとマイナス2,700円、つまり、6銭下がるとマイナス1万6,200円で赤となる。)


1万通貨の場合、100万を保証金として入金しておけば、OKと書いたが、10万通貨の場合はどうか。1銭下がると1,000円のマイナス10銭下がると1万円のマイナス、1円下がると10万円のマイナス。回転資金は635,000しかないから、6円下がるとギリギリとなる。

6円の下落がいつごろ、どのタイミングで来るかはチャートを見ると、大方の予想はつくかもしれない。チャートを見つつ、自分の心の拠り所をそこに求めるしか方法はない。チャートは精神安定剤かもしれない。

【辛抱】

したがって、購入は下がるのを待つ。

それはいつか、過去追いは誰でも間違いなくできる。200010月の41円80~90銭近辺が最安値。このとき1NZDを購入していた人がいたら、今は30円アップ、スワップ16年分40/日×365×16年233,600円(スワップ値は変動あり、しかし、40円を下回ったことは少ないので40円とした)をいただけることになる。

タラレバの話で申し訳ないが、100NZDをそのとき買った方は、3,000万+2,300資産価値を得たことになる。3,000万円41円が71円になったことによる利益。2,300万円はスワップ金額【40円×100(万通貨)×365(日)×16(年)】=2,336万円

そして、100NZDを売らない限りスワップはずっと続いて獲得していけることになる。(NZDが1円になったとしても、保証金に4,000万残しておけば、ロスカットには遭わずに済む)

つまり、FXの鉄則は安いときに安く買え。それまで待つ辛抱が大切だということかもしれない。

しかし、なかなかそれができない




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0