So-net無料ブログ作成

リストラに負けてはいけない(3) [新聞記事]



2016.10.12





リストラ当時、私には2人の子どもと1人の奥方がいましたし、その前年には家を購入してしまっておりました。会社の名前バリューのおかげで、少々無理なローンを不動産屋さんが組んでくれたのですが、それがかえって仇にならないよう、起死回生の一石を投じなければならなくなったわけです。





まず最初に私がやったことは、お金の見直しです保険関係、貯蓄関係を見直しました。気がつくと保険には6~7個加入をしておりましたので、それを2つに絞り、すべて解約しました。これだけで月5~6万の現金が手元に残ります。銀行預金も額は少なくても多岐にわたっておりましたので、すべてそれを集約しまし、ローンを繰上返済。住宅取得控除で税金が安くなるという話もありましたが、お恥ずかしい話、今日明日のお米代が最優先という状況下にあっては、まとまったお金ができ次第、さっさと繰上返済をいたしました。今は繰上返済も無料でできますが、当時は手作業のためか、事務手数料も結構とられたことを思い出しました。よくは覚えていませんが、100万以上を返すと5~10程度返済額が減り、かつ最終ローン返済年もぐっと短くなったことを覚えております。雀の涙ほどの退職金でしたが、これも繰上返済に充てましたので、月々の返済額は家計的にかなり負担減となってあらわれてきました。多分、二、三年後には半分以下に減らしたと思います。つまり、「貯金0、返済減額」を選んだわけです。





余談ですが、当時は利率もよく、郵便局に10年も定期に入れておくとになって帰ってくる。うそのような本当の話がありました。もちろん、黒田さんが必死になっている物価も当然何%も上がっていましたけどね





ということで、月々のローン支出を抑えました。しかし、入ってくるものはありません。当座は失業保険に頼るしかありません




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0