So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

やめてよ、お父さん [マネー]

2017.3.25

今日はCMのお話。

毎週土曜日「食彩の大国」という番組がある。これも長い番組だ。自分の記憶だと30年は続いているかも。

そこの担当企業は東京ガス。2種類のCMがあるが、一つは告知でCMとしては、取り立てて言うこともないのだが、もう一つのCMにいつも泣かされる。

前々回だったと思うが、おばあちゃんが孫の世話をし、孫に悪態をつかれる。孫はそういう自分を責めるという日頃、誰の家でもありそうな風景

今回は娘の父のやりとり。娘が嫌っている父の姿を次から次と流す。これも我が家でも、あなたの家でもありそうなごくごく普通の風景だ。そして別れが来る。

ただただそれだけの普通の情景。役者さんも真剣に取り組んでいて好演だからこそ、頗る共感を呼ぶ。

そんな普通の風景に自分がいて、普通の時間を過ごしていく。日々心乱れることは多々あるが、今日の青く高い空のように、いつまでも澄んだ気持ちで時を重ねていきたい


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ズボンのファスナー [生活]

2017.3.23

いつも詰まらぬことを書いているが、今日はほんとに詰まらない話。

ズボンのファスナーもあまり使わないと上げ下げに支障が出ることに気がついた。ほどよく手油がつくことで、上げ下げがうまくいっている。油分がないと下げるときはそれほどでもないが、上げるときは結構骨が折れる。途中でやめるわけにもいかず、しめるときはちゃんと最後まで閉めないといけないから大層時間と角度に工夫を求められる。

これは大事なイチモツをしまうところ、女性の方にはわからないだろうが、その出し入れがスムーズにいかないことは、結構ストレスがたまってしまうところでもあり、はさんだりしたら、それは大変なことになる。手の空いている女性に手を貸してもらうこともできないだろうし、男にも頼める代物でもない。ましてや一人ではとてもできそうもないことだからだ。

前回はミシン油をそっとファスナーに付けたが、周りが何となく油染みみたいになって気持ちのいいものではなかった。 それにファスナーの流れもよくなかった。

今回は顔に塗ったドクターシーラボの手をそのままファスナーに滑らせた。2~3度行ったり来たりさせたら、何と気持ちよく上下に動いた。布地の引き上げ引き下げもなく、片方の手を添える必要もなく、新品みたいですごく満足したという、ほんとに詰まらない話。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

幼子の育て方は難しいのか [生活]

2017.3.22

子ども の育て方は難しい--------------でも、それはやりたいことをやらせておけば、決して難しくはない。

うちに来る子どもたちは4歳と2歳だがパソコンと携帯に異常に興味を示す。これはわが子に限ったことではないと思うが、大人も子どもも興味津々ということだ。

パソコンでやるのは,ユーチューブの歌とゲームだ。とりわけ、神経衰弱はよくやっている。普通のゲームで鉄砲を打つよりはずっといいと思っているが、実の父親、母親はそうは思っていない節がある。興味のあることをやり続ける(させる)ということは大切なこと。興味のないことに、これは教育にいいことだからという親の判断で、子どもにとって興味のないことを教えようとしても、それは無理強いになるわけで、親の安心と安全は、子どもにとっては時に屈辱の強制になることに気がつかなければならない。

親のやらせたいことと子どものやりたいことが一致することは、子どもが聖徳太子級の人格を持っていない限り無理であろうし、そんなことは我が家系には存在するわけもなく、凡人の中に生まれてきた子どもであることは、凡人の域の中で、どれほど自由闊達に興味を持ち続けられることに集中特化してあげられるかが、当人にとってのやりたいこと、やるべきことをいち早く見つけられることになることに気がつかなければいけないような気が、今回の子ども(孫)だけと過ごした4日間で分かったことだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

時は待ってくれない。 [生活]

2017.3.22

久々に彼の姿を見た。彼らしい言葉かもしない「時は待ってくれない」番組内では一言も出てこなかったけど、きっと一番それが言いたかったのではないかと思いながら番組を見ていた。

その前日にはイルカのコンサートに参加した番組を見た。やはり、無骨でトーク下手でほとんど声は聞けなかったけど、彼女の旦那さんとのご縁を大切にステージに参加されたのだろう。

彼女との歌をハモリで聞いたが、彼女のオリジナル曲とは別格な、すばらしいものになっていたのには感銘。

ただただ、末永い活動を、今年の再開を祈念せずにはいられない。

彼と同じ「時は待ってくれない」、そんな気持ちで毎日を過ごさねばなるまい


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気がついたら7日間も過ぎてしまった。 [生活]

217.3.20

そうですか、今日は3月20日、ブログの最終更新日 から早1週間が経ってしまった。

別に更新せざることの弁明を書くつもりはないのだが、その間、いろいろあり過ぎてしまって、今日の日になってしまった----------------やはり言い訳がましいね

その1)確定申告があった。吹けば飛ぶような弊社の決算が確定した。また、個人でも確定申告が必要なため、家内、母親、そして私の3人分の確定申告。勉強不足、時間不足もあり、もう少し節税方法 もあったのだろうが、時間切れ終了と相成った。来年こそはeタックスに挑戦と節税方法を勉強しておこう・・・・といつも思う。

その2)肩に激痛。運悪く確定申告と前後して、睡眠時に右肩に激痛が2回。全く腕が上げられずに運転もできない状態。確定申告は「確定深刻」となってしまったことも否めないが、この腕がなくなったら、どんなに気持ちがいいか思ったりして(もちろん、なくなったらなくなったで、人間できていないから七転八倒するんだろうけど・・・)。そのぐらい痛かったと言いたかった次第。

その3)子どもが2人急遽来た。(子どもと言っても孫のこと。我が家では、どういうわけか孫を子どもと言ってしまうんです)母親がインフルエンザにかかり、愚息も17日は休めたが、これ以上は休めないと言うし、仕方なく、4歳と2歳の二人を預かることとなった。しかも、18日から明日まで。

二人の暴れん坊の登場で家の中は目茶苦茶、障子にボールは投げるし(正月前に張り替えたばかり、今年1年は持たせようと思った4枚なのに穴だらけだ)、鬼ごっこをしないと気が納まらないしで、体はボロボロになってしまった。幸いなことに肩のほうは鍼治療(北里大)に通って、直ったのか、直らなかったのかわからないけど、子どもの相手は何とかできたので良しとした。

というわけで、あと1日。夕刻彼らを送り届け、やっと自分たちの時間がどれる。とは言っても、3時間半の仕事 が待っているし、23日も一日の会議が待っている。全くご充実の日々だ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

原因がわからない歯痛 [生活]

2017.3.13

確定申告が近づいている。でも、仕事を今日中に仕上げなければいけないし、ブログを書いている場合じゃないけど・・・。

家内の歯痛がやまない。歯医者に行っても虫歯ではないと言われている。

じゃどうして?? かなり痛い。眠れないくらい痛い、頬も少し腫れいているかも

そこの歯医者は総合病院内の歯医者。父もお世話になった人。腕は確かで責任感もありそう。

歯医者さん曰く「根が2つに分かれていて、片方には薬剤を入れて痛みをとったけど、もう片方になかなか穴が開かない。無理に穴を開けると歯が割れる」とのこと。「前にかかった歯医者さんはどこ?」「どんな薬剤を詰めたのか聞きたいんだ」「普通なら抜いてしまうんだけど、抜くとそれで終わりだからね。将来的に入れ歯になっていく序章になるから抜かないほうがいい。」こんな会話があったみたいだ。

 私がかかっている歯医者も同じようなご意見。以前詰めた詰め物にも大いに関係するみたいだ。それに虫歯ではないが、固いものを食べることによって、歯茎に炎症を起こして痛い思いをするらしい。

私のブリッジ歯も好調。今回は、いい2人の歯医者さんに当たってよかったと思っている。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

村田(蓮舫)さんよ根回しを上手にやれ [新聞記事]

2017.3.12

原発0の考え方は正しい。民進党は??だけど、原発ゼロは大正解だ。

根回しをうまくやれ、小泉さんも言っているとおり、「連合の票がほしいからやめたんじゃない」と思われても致し方ないよ。

日本国の政治家として、やるべきことはやらなければいけない

国民は皆、そういう政治家を心から、心から待っている

そう思っているのは、私だけではない


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

原発事故6年目に思うこと--愚かしい日本 [生活]

2017.3.12

今日のテレビで耳を疑うような内容があった。

東電給与上昇、役員報酬も上昇」とあった。

別に他人が幾らもらおうが、私の知ったことではない。大きなお世話だと当事者は言うし、私も同じ思いだ。自分でお稼ぎになったんだからお好きにどうぞ

しかし、この件はそうはいかない。自分たちの判断で、自分たちの技量を信じて行った仕事、外に向かっては「安全な原子力」と言い続け、押しつけ続けた。それがすべて間違いだったわけで、それが「想定外」という言葉で片づけられ、誠心誠意し償うと言ったのは3年前ぐらいか。それが今では補償は次々打ち切られ、除染も中途半端。しかも、最大の元凶の施設本体はまだ手もつけられない状態だ。メルトダウンという言葉を使うなという言葉遊びに終始し、それが重大な過失を生んだということに対しても「モウシワケアリマセン」という言葉で片づける。それに対し、地団駄を踏んで憤るしかない市町村長たち。みんなあきらめてしまったのか。

それをいいことに、東電関係者の給与が毎年毎年少しずつ上がっている現実。それは私たち国民が幾ばくかをかぶっているし、新電力会社もかぶっているから、電気自由化によって東京電力以外電力会社を選んでも、結局はこの値上げの網をかいくぐることはできない

近隣住民への金銭的補償も、物的補償も、精神的補償も完全ではなく、自然環境(空気、土、水、海水、魚)への償いも完全ではない。ましてや自分の施設に対する修復も完全にできていない

喉元過ぎれば・・・なのか。

マスコミも取り上げることをやめたし、国会前の反対運動下火になったしね、わからないさ。大丈夫、大丈夫、そっとやりゃわかりゃしないよ。原発も次々に再開できそうだし料金も値上げしたから、収益も確保できたし、めでたしめでたしだ。新電力も派手にやっくれれば隠れ蓑になる。」なんていうヒソヒソ話が聞こえてきそうだ。

ドイツは国家を上げて原発をやめた

東芝のウェスチング社(アメリカ原子力メーカー)買収、三菱、日立は皆原子力関連メーカーで、外国に技術をバンバン輸出している。

せっせと彼らは企業の大切なものを守り、政治家は国民の声を隠し続ける

日本はまた大切なものを捨ててしまった


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

即効即決の掟-雇用統計 [マネー]

2017.3.11

昨日の雇用統計。大方の予想どおりに雇用者数は当たっていた。しかし、平均時給(賃金)が低かった。わずか0.何%だけれど、低かった。そんなの聞いてないよ、という感じを抱いた方も多かったのではないか。以前はずっと雇用者数のことだけしか言わなかったんじゃないの。何で急に時給の話になるの?

確かに時給の話はあまりなかった。何度かされていているのはわかっていたけど、「へえ~、そんなんだ。雇用者数だけじゃない、時給も見るんだ」。言われてみれば、当然の話。数と量、両方を見るのは当然と言えば当然。

やはり情報下流の我々には、計り知れないことばかりだ。

115円半ばを抜け、116円台に行きそうだと思っていた方も多かったはず。

米国・トランプ、強い米国、雇用拡大、雇用者数増大、金利引き上げとなれば、ドルは上昇は当然。ドルを買って大正解の花マル。だけど、結果は114円台に戻ってしまった。その急降下、乱高下はすごかったはず。その場を目の当たりにした方々で肝を冷やした方も多かったかもしれない。

やはり、適宜の判断、即効即決、そして損切り・確定売り。これもやっぱり当然と言えば当然。

FXの掟だ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

自分を見失わない [生活]

2017.3.8

明日は、あの日から6年、絶対的な価値観が総崩れになった日だ。自分を見つめるいい機会だ。だから、今日は超ハードコアな話です。

生きていく上で大切なことは、自分を見失わないことだ

今の自分の立ち位置はどこにあるのか。また、どこにあるべきなのか。

それは組織の中にあろうと組織の外にいようと全く同じだ。

しかし、若輩の自分には、それがわからない。わからないから怒られる。「何で?」「意味わかんな~い」とかつぶやいてしまう。幾らつぶやいても解決にはならないのにね。

例え話で恐縮だが、朝礼で社長と部長と自分が並んで立っていたとする。そのとき、自分の立ち位置に気がつくかどうかだ。

そんな些細な、ちっぽけなことだけれども・・・。

一歩下がる。

それって何の意味があるの?----------と言われるかもしれないが。

たった一歩、その「たった一歩」が大きな違いとなってくることに気がつかなければいけない。

相手をオモンバカル心ということだ。

慮る(おもんばかる)とは・・・・・・・「周囲の状況などをよくよく考える。思いめぐらす」とある。

こういう気持ちがあるかないかで自分の立ち位置が決まってしまう。上司の指示をよく考え、思いをめぐらす。取引先の要望をよく聞き、考え、思いをめぐらす。部下の報告をよく聞き、考え、思いをめぐらす、妻(パートナー)のをよく聞き、考え、想いをめぐらす

慮ることによって、自分の立ち位置を確かめれば、自ずと自分を見失わない

さっき、駅前のコンビニの店員と明らかにそこで買い物をしたであろう老婆とのやり取り

彼は店を出て、その老婆を見守るようにロータリーへ。手をつかむでもなく、引くでもなく。

 どういう関係なのか。

彼はタクシーを呼び、ドアを開けさせ、老婆をタクシーへ。腰の曲がったその老婆はやっとこさタクシーに乗り込む。

彼は急いでコンビニの店内へ。二人には親しげなやり取りもなかった。赤の他人・・・なのに・・・タクシーに連れていって上げた?

彼は、老婆の状態をよく見、考え、思いをめぐらし、そして行動した

それ以上でも、それ以下でもない。久方ぶりにすがすがしい光景に出会った


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハッキングに対する知識がほしい。 [生活]

2017.3.9

先日、テレビでハッキングのことを報道していて、以前は愉快犯的な性格であったものが、最近は「このパソコンを直してほしいなら、お金を振り込め」式のハッカーが多いという報道があった。当然、そのパソコンはハッキングをされているから動かず、仕方なしにお金を振り込む企業、個人が多いと聞いた。もちろん、振込損だ。

私の仕事は、ワードで1万2000字×50枚ぐらいを打ち込んでお客様に納品する仕事をしているので、そんなハッキングに遭ったら目も当てられないことになるので、早速、CDに移しておいたが、これも非常に手間がかかる。1時間、2時間で終わる仕事でもなく、1週間ぐらい打ちっぱなしなので、その都度都度にCDに落とすことになる。時間的なロスとストレスは大きい。

残念ながら、そっちの知識はまるでないので、ホワイトナイト?だったか、正義の使者ではないけれど、ハッキングしたやつらにハッキングを仕返すことぐらいの知識は蓄えたいと常々思っている。

誰かそんな学校をご存じないか。

少々お金を出してでも攻撃に対する防御の知識は身につけたい。これは切望と憧れだ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

元知事が騒ぐと本質が消えてしまいそう [生活]

2017.3.8

テレビで散々おもしろく取り上げられている話題といったら、やはり豊洲問題だろうか。

我々のように部外者は気楽だが、いい悪いは別にして、当事者の小池さん、石原さんは大変な心労であろう。

そんな馬鹿みたいな話に時間を費やし過ぎて、肝心要なところが抜け落ちてしまいはしないかハラハラだ。

ましてや築地市場内にも高濃度汚染があったという報道。我々庶民は、「じゃ、一緒じゃない。有害物質の上でマグロを買い、海鮮丼を食べ、厚焼き玉子を買って、お祭りを見ていたしね。豊洲に行っても同じじゃないの、先行投資をしている業者さんもいるんだし、石原さんが居直って訴えられたんじゃ、たまったもんじゃない。小池都政にも陰りが見られては困るから早く決着を」とそんな議論になってしまいそう。

それじゃ、何のための騒動だったのか、なんてね。事の本質が見えそうになったのに、また隠れてしまうことの恐ろしさ。それでまた本当の黒幕が幕の向こうに消えていく

今回の騒動でも、ある方は都の職員→天下って東京ガス→区長。確かにやり手ではあるかもしれないが、片腹に痛みを伴う道程もあったようで、ちょっと待ったといわざるを得ないことも事実。

マツリゴトを私事に使ってはならない。公人は清貧たれと肝に命じてほしい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

母の話(16) [母のこと]

2017.3.7

母は何とか低位安定。介護体制がやっと整った。---とはいっても、それは私ができ得る介護体制のこと。

それこそ持続可能性介護というやつだ。火曜日から土曜日まで朝と夜に入っていただき、私は日と月曜日を担当。

火曜日~土曜日は昼だけ水分補給とビスケットなどちょっとしたお茶菓子を食べてもらうために私が行くことにした。これだと非常に気分的に楽---それは母が歩くことがだんだんできなくなってきたからで、私がやっても、介護の方がやっても余り差がなくなったということかもしれない

私の仕事が立て込んで行けなくなった場合でも、最悪、朝と夜は来ていただけるわけで、何とか最低限のカバーはできていることになる。

介護度4で3万円までの出費は介護保険で可能。執行率は93%。そのほかに訪問医に払う分が月1回で3~5千円、ベッド゛おむつ等の介護用品が6~7千円。合計で4~5万円/月

これが介護付き高齢者住宅に入れば、15~20万円かかるわけでもっと家族の負担は大きくなる。

老親の財産、年金でカバーできればいいが、カバーできない場合、そしてまた、子ども(老親から見れば孫)の教育費が重なってしまったら大変なことになる。そこまで親は考えて人生を歩まなければならない。

やはり、人生、金次第ということかもしれない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アイビーの復活を願う [生活]

2017.3.6

1年ほど前、百貨店に行ったときのこと。懐かしいジャンバーを見つけた。

それは「VAN」のロゴの入った紺地のジャンパーだ。

私が20歳のころだと思う。銀座三越にマクドナルドが出店、ミーハーだった私は、マックを食べ、その近くにあった「VANsnack」という店でアルバイトをしていた。その従業員は皆バリバリアイビールックであり、ダボダボズボンの私は垂涎の的であった。そこの制服はもちろんアイビーで、すそ幅20センチはダサイと言われ、皆18センチ以下を競って履いていた。

縫製は日本製だったのか、皆しっかり縫われており、ボタンも皆クロス縫いであった

その店の下は、やはり「VAN」の経営する店があり、1か月働いては、下のお店でスラックスを1本購入という、そんな自由で贅沢な時間を過ごしたことを思い出した。

あれから40年・・・・・綾小路さんではないけれど・・・・。

そのジャンバーはどこも破けずに、今でも庭仕事で活躍しているが、2つのお店は既になく、向かい側に千疋屋だけが残っている。

あのころのバイト仲間、社員さん(皆年上でした)は皆どんな人生を歩んでいるんだろう。潤沢な年金をいただき、優雅な老後を送れているだろうか。少しばかりの懐かしさと多少の不安をもって顧みてしまった


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブリッジが入った [生活]

2017.3.6

ブリッジが入った。ブリッジとは何んのこと?-----とお思いの方も多いと思うが・・・

のことです。

1週間ほど前から仮歯で生活、前歯2本は小学生のころに自転車サドルにぶっつけてという話(2月22日、「詰まらない話が続きます」で記載)を以前に書いたが、つくり直してもらった歯が出来上がった

つけ具合はまずまず、若干、両サイドのかみ合わせが弱いが、使っていくうちに自然と調整されるのではないかと思っている。30年も前につくったのが最後に義歯もすり減ったり、黄ばんだりと径年劣化が激しかった。

先生の腕がいいのか、使い心地もよく、治療上のストレスもあまりなかった。値段は仮歯も入れて4万円と妥当な線であった。

これでまた大きな口を開けて笑える。「芸能人は歯が命」ではないが少しだけ白くなった歯を見て、多少リフレッシュ感が出た気がした。

素人さんも歯が命だ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

電車内での後悔 [生活]

2017.3.5

多分、今日は大安なのだろう。我が家の菩提寺の本殿改修が終わり、記念式典があった。「落慶」というらしい。

都内まで赴き、式典に参列した。ご挨拶をされた方々には申し訳ないが、これと言って、自分の人生の糧となるような話はいただけなかった。それはちょっと残念ではあったが、一応、檀家としての顔つなぎ(来年13回忌でもあるし)はできたと思う。

それはいいとして・・・・・・・電車内でのこと。

全盲の方が盲導犬を伴い入ってきた。皆さんすぐに反応して席を譲られた。私の隣の隣に座った。犬がいるので、端の席にお願いしたいとのこと。正味30分ぐらいだったが、盲導犬は飼い主の足元にしっかりと座って体を休めていたが、目はしっかりと開いていたのが印象的であった。

私はどこまで行くのだろうと気になってしまって、スマフォを見てはいたが、内容は頭に入ってこなかった。

運良くというか、運悪くというか、私と同じ駅で下車された。

彼らはホームで人の流れに逆らうように、じっと立ち止まっていた。もちろん、誰も声をかけることもなく通り過ぎていくばかりであった。

自分はというと、お寺の落慶式典の時間もあと15分ということを理由に、何度か後ろを振り返って見てはいたが、手助けをすることはしなかった。多分、彼らは乗降客が皆通り過ぎるの待ってから、ホームを、改札口を目指して進んでいったのだろう。断られたかもしれないけれど、「一緒に行きましょう。乗り換えですか。」「南口ですか、北口ですか」ぐらいの声かけはすべきだったのではないか

こんな言葉がけの場面というのは、そう幾度もあるものではないので、慣れる、慣れないという問題もあるかもしれないが、回数の問題ではなく、気持ちの問題だから、こちらの気持ちさえあれば、それは通ずるんじゃないかと思うにつけ、自分の不甲斐なさをつくづく嫌気がさした一日となってしまった

自分は目隠しをし、駅のホームを何メーター歩けるんだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

石原さんも年をとったネ [新聞記事]

2017.3.4

築地問題が依然解決しない。

事なかれ主義がはびこる公務員会社では致し方ない。あきらめにも似た気持ちになった方も多いことだろう。昨日の記者会見、自分は悪くない、みんなの総意だった、おればかり攻めるな、議員だって責任はある。

太陽の季節」で一世を風靡。一躍時の人となったころが懐かしい。石原さんも脳梗塞を患ったそうで、は私たちの前を平等に過ぎていく。凡人にとっては唯一救われる現実だ。

平等だからこそ、その道に秀でている人は、真っ正直に最後まで生き抜いてほしいとつくづく思う

小池さんは生き抜ける一人と信じたい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

景気がいい話が続いているときは静観が無難 [マネー]

2017.3.3

アメリカのダウ平均が20000を突破、日経平均も19000台、リートもバブル状態、公的年金も収益は黒字だとの新聞報道。中国も3000を超えて、今のところ大丈夫そう。

じゃ、その波に乗ろう-----と思っている方は大変危険だ。

今は高値、もちろん もっと高値に行くかもしれないが、行ったとしても+2~3%がせいぜい。

つまり、高値で掴むことになる。FXなら売りポジでいいのだが、株とか信託では、そうはいかない。

高値で掴むとあとは塩漬け状態になるだけ。

金融関係はここぞばかりにCMを流す。今が買い時ですよと。しかし、CMを流したときは大体手遅れ状態。ディトレならまだしも、一般庶民にとっては、かなりリスキーな相場だ。

人の不幸に付け入るわけではないが、倒産、破綻、テロ、災害、恐慌等々の事件に際して動くのが最良の投資。残念ながら、それは事実だ。

リーマンショックのときのあの下落時、「今が買いだ」なんてお世辞にも言えないし、絶対思えないけどネ。

でも、今は動くべきではない。「景気のいいときは様子見」これが投資の鉄則だ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

政権交代と3.11との因果関係 [生活]

2017.3.3

3.11の悪夢がよみがえったとさっき書いたことについての追記です。

阪神淡路大震災、東日本大震災、この2つの大きな地震。起こったときはいつも政権交代があったときだ。

これはもちろん偶然の産物でしかないが、村山政権のときも野田政権のときも、いつもゴタゴタしていたときにそれは起こっている。

だから、我が家では政権交代が起こったらしっかり地震対策をしようと話し合っている。

そういう意味で「安倍さん、ガンバレ」「安倍総理、頑張れ」

でも、名誉校長は致命傷だ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安倍さんがすべった [新聞記事]

2017.3.3

今日は雛祭りだ。治験でお世話になった医院には、とてもすばらしい雛人形が飾れていた。

これなら我が家にも飾れるなと思わせる代物であった。

雛祭り、そんな悠長なことを言っていられない安倍夫妻

理由はどうあれ、名誉校長か何かは知らないが、一国の総理ともあろう人が、一個人の、私立の学校に肩入れすることは致命傷になるかもしれない。毎年恒例の運動会、卒業式の来賓挨拶、しかも公立の普遍的な教育現場との接触は全く問題はない。私立のしかも、報道にあるような教育者が創設した学校への肩入れ、これは完全なミステイクだろう。

しかも、土地の購入問題で国会議員を初め、何人かの人たちが絡んでしまっているようで、これはもう話にならない。

では、国民としてはどうするか。

政権交代などをしている余裕はわが国にはないわけで、9億円の土地代金をきちんと払っていただければいい。どういう便宜を図ったとしても、当事者は「しまった」と思っているのだから、それでいい。国有地なのだから、鑑定士の評価書どおりの金額、満額で仕切り直しをすれば、国民はオッケイ。

安倍内閣が今退いてゴタゴタすることは、わが国にとって何の利益が生まれよう。政権交代などとんでもない。民進党を中心にした野党連合政権、国民はオッケイするのだろうか。

また、あの3.11の悪夢がよみがえってしまう。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

我々は不便な生活を受け入れられるのか [生活]

2017.3.2

忘れないうちにもう一つ書いておきたい。

人間が便利さをとればとるほど、地球が疲弊する、その論理はかなりの確率で確かだ

今朝はい。日中といえども、今日のように曇天ならば寒い。そういう私の部屋もストーブを焚いて暖をとっている。日本中が暖をとっている。わが町ですら4万世帯ぐらいだから、ストーブは4万個稼働していることになる。トランプ大統領なら、「出かけている家庭もあるからそんなわけはない」と言われそうだから、3万個にしておこう。しかし、3万個のストーブ(エアコン)が稼働している。地球規模なら北半球は冬だから、それはものすごい数になる。

それだけ地球は温められている

人間は皆食事をする。肉を食べ、天ぷらを食べる。そして汚れた食器を洗う。ヌルヌルは嫌だから、きれいに洗う。クックッというまで洗う。は排水口に流れ、下水をとおり、浄水場をとおり、河川に流れていく。昔より高度な技術でかなりろ過され河川はきれいになっているが富栄養の水が河川に流れ、海に落ちていく。富栄養の物質混入は自然界のバランスを大きく崩す。

それだけ地球のバランスは崩されている

ペットボトルが普及され始めてかなりの時間が経った。

若い皆さんはご存じないかもしれないが、ペットボトルの前は瓶入りとか、紙パックが主流であった。容器は皆再生された。廃棄されてもガラスであり、紙であり、さほど自然界に問題を起こすものはなかった。コーラもファンタも牛乳も皆、瓶であり、紙パックだった。

ところが今は違う。

ペットボトルの再生率は幾つなのか。100%なされているなら問題はないが、50%もいかないのが現実。

再生がお金にならないならやらないのが人間だ。だから再生率は上がらない。ペットボトルが出た当時、ペットボトルを使うことに躊躇した人は多かったはず。これは自然にいいのだろうかと。

今はそれが当たり前。時流に乗ったファッションのように感じて使っている方もいるようで、燃えないごみとして、最終ごみ処分場にうず高く積まれていくペットボトルを想像している方は少ないのかもしれない。

企業の会議でも、の会議でも、町会の集まりでも、子供会の集まりでも、なんでもかんでもペットボトルだ。それは私たちがだからね。便利だからね。

我々が便利追求すればするほど、地球は痛んでいく。これはかなりの確率で当たっている


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

汚染の拡大 [生活]

2017.3.2

多分、1か月ぐらいの前記事だったと思う。

1万メートルの深海に住む甲殻類から多量 のポリ塩化ビフェニール等が検出されたと新聞記事があった。

ポリ塩化ビフェニールはPCBのこと。これは大分前に公害問題になった物質。例えば、2枚複写に使うカーボン紙とか、電柱のトランスに多く使われていたと聞く。

多分、今は流通していないのだろうが、困ったことに、この物質は消え去らない。永遠になくならないらしい。どういうことか、燃やしてもだめ、刻んでもだめ、薬剤でも消滅できない。今から20年以上前の電柱に使われていたものだから、それの使用を中止、交換をした。では、そのトランスはどこに行ったのか。廃棄物処理上、地中に埋めるしか方法がなかった。直接地面には埋めず、間にシートを敷いて埋めたと聞く。しかし、それは永遠のものではない。永遠≫ビニールシートということだ。いずれ破れて地中に入り込む。

今回の記事を見て、直接それが入っていったとは思わないが、世界中でPCBが使われていたわけで人間の考えることは皆同じ、世界のどこでも同じようなことが行われていた。

それの結果が今回の記事だ。ヨコエビに入ったPCBは消えずに食物連鎖によって、より大きな魚の体内に入り、そしてまた大きな魚の体内に入り、そして人間の体内に入る

どうしようもないことだけれど、人間がつくったものなのだから、最終責任は人間である私たちにあるとはいえ、どうしても虚無的に考えてしまう。

やはり、人間は地球を滅ぼす最悪党なのかもしれない。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

少量高栄養が源 [母のこと]

2017.3.1

そうそう3月に入ってしまったんですね。

確定申告もあるしね。

この時期になると本業の仕事も盛りになる。だから、20年近く桜の見物をしたことがない。

車で通りすがりに垣間見る。ちょっとだけ垣間見る。仕事が終わり自由になって、桜のあるところに行っても葉桜だったり、散ってしまったり。仕事だから仕方がないけれど、ほんとに運が悪い。だから、異常気象で寒かったり、開花が遅れると非常にうれしい。そんな不埒者です。

母はますます低位安定。歩けなくなりつつあり、反応がいいときもあるし、無反応に近いときもある。大声を出すより、小さく耳元でささやくほうが確実に返事をしてくれる。短く「うん」「そう」、「えっ」ぐらいだけど、そう言ってくれるだけでウレシイ。

食欲は運良く悪くはない。本当は1日5食ぐらいにしても、きっと食べるのだろうけれど、こちらはそうもいかないので1日3食がやっと。1回に摂取する量が少しなので、回数を稼ぎたいのが本音だ。多分、口を動かすことも彼女にとっては重労働なのだろう。

ジョクソウも運良く発生していないので助かっている。動けない、動かないから同じところがポイントとなって皮膚が赤くなり、腐り始める。あっという間に腐っていく。亡き父はそうだった。あっという間にあっちこっちと発症。そんなことは今のところはないので安心をしているが、要注意だ。

したがって、少量高栄養を目指している。玉子とホイップ、コーンスープの素を徐々に温めながら攪拌、電子レンジで5秒、5秒、3秒と温めながら攪拌。それを飲んでもらう。これで玉子1個/日摂取をクリア。

クリームチーズをビスケットとか、パンに乗せる。ビスケットと言っても親指の爪の広さぐらいの大きさにちぎって食べてもらう。何十回と口に運ぶ。根気の要る作業が続く。菓子パンだったら4分の1、ココアも飲んでもらうが、やはりコップ4分1ぐらいが精一杯。ポカリスエットはコップ1杯、1000cc/日が目標。

いつ終わるかわからない介護。週5日、朝・昼に来てもらっているので、私は昼だけ行くことにした。これなら何とかもつ。1年、2年、3年・・・。まずは後悔しないところまでということか。清貧潔癖な母は、きっとそんな介護を望んではいなかったはずだけど、これが現実。

しっかりと確実に毎日を送ろう


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オナガを久々に見た。 [生活]

2017.2.27

我が家の白梅も盛り。長い冬の殺風景な庭に、日差しとともに白梅の妙に頼りげな色がまぶしく目に写った。

「春なんだですね」 、「きれいな梅の花」、「〇×さん、見てください。いっぱい」、「わぁ~、初めて見ました?  あの鳥なんて言うんですか」

そんな看護師と母との会話。母はそのほとんどに返答はない。しかし、看護師さんは一生懸命に声かけをしてくれる

「暖簾に腕押し」とはこのことだといつも思うが、この問いかけが母には大切な時間だ。

そんな看護師さんの声を背中で聞きながら、ふと窓の外を見た。久々にオナガだ。それも集団で隣家の雨樋につらなって留まっている。最後に庭にオナガを見たのは、もうかれこれ15年以上も前だろうか。いつも車窓の窓とかで、遠く、高く飛んでいるオナガを見たことはあったが、最近はとみに見ることは少なくなった。

昔、我が家の庭に大きな桐の木があった。スッと伸びた桐の木には、いつも大量のオナガの集団が来ては羽根を休めたり、地面に近くまで下り、餌をついばんでいたものだ。オナガはあのときのまま、きれいな毛繕いされた魅力的な肢体を見せてくれた。リズムカルに動く長い尾っぽも、ツンツンと軽やかで、妙に自分もその動きに合わせるような錯覚を覚えたのは、あのときのままだ。

そんな昔を追い出しながら、母の排泄も終わり、安堵の安らぎの時間に移っていった。

毎週毎週、看護師さんにはお世話になっている。この方たちの頑張りのおかげで、また一日一日を母は生きていく。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ストーカーは怖い [生活]

2017.2.24

20代の女性が刃物でめった刺しにされた事件。28歳の男の求刑が17年というのがあったが、果たして、その求刑は妥当だろうか。

28歳+17年(求刑)=45歳(出所時)ということだ。本人が全く反省をしていない。犯行の執拗状況などを顧みると、果たして適正なのだろうか。昨日の裁判所のやり取りを聞くにつけ、出所時の御礼参り的なことはやりそうな人物だ。

何も悪いことをしていない彼女が、出所後の彼の動向にビクビクしながら生活をしなければならない状況をつくり出すことに、裁判所は十分に考慮してほしいというか、しなければならないことだろうと思うし、医療費だってかなりかかっていくはず。

彼の出所後に合わせた身辺警護などを彼女に考えさせることは全く失礼な話だ

きっと彼女は一生、死ぬまで、その気持ちを持ち続けることになるのだから、それは理不尽な求刑値だと思う。求刑値は70年以上が妥当だと思うのは浅慮というものだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

レバレッジ規制が始まった。 [マネー]

2017.2.23

法人のレバレッジ規制が始まった。以前から通知はあったものの、保有ポジションは関係ないのかと思っていたら、とんでもない。保有ポジションも含め、最大200→50レバレッジになる。

つまり、1000円で買えていたものが4000円になる。1万円で買ったものが、急に4万円になって、差額の3万円を払えと言ってきたようなものだ。

個人の場合も2~3年前にあったが、今度は法人の規制強化だ。やはり損切りができずに霧散と化していく者が多いということらしい。

弊社としても、損切りをするか、追加資金を入れないと危ないことになると上田から電話をいただいた。

さあ、どうするか。損切りをしてしまうか、追加資金を入れて様子を見るか。ここは思案のしどころだ。

リミットは来週の火曜日まで。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

詰まらない話が続きます。 [生活]

2017.2.21

詰まらない話だが、とりあえず、書こう。そうしないと忘れてしまうからね

年をとると確かに忘れる。いつも、「これってブログに書いておこう」と何気ないときに思うことがある。手元に書くものがないパソコンがない、ナイナイナイと続くと頭に書くしかないから頭に書く

しかし、ものの見事に忘れる。できるだけワードに表題だけは書くようにしていて、表題のストックは7~8個あるのだが、ヒラリと忘れ去ったことは「逃がした魚は大きい」の類で、結構後を引く。残念、絶対に思い出さなきゃと思うのだが、シナプスがつながってこないから思い出せない。錆び付いているなとつくづく思う。

そんなことで詰まらない話を忘れないうちに・・・・。

私は小学3年生ぐらいのとき、友達の忘れ物をとりに付き合って彼の家に戻ったときがあった。彼の家は学校から近く、横断歩道を渡るとすぐのところにあった。だから、余計に行こうと思ったんだろう。

彼の家に行こうと一緒に横断歩道を渡ろうとしたとき、突然、激しく何かがぶつかった。一瞬何が起こったのかわからないまま、気がつくと冷たい道路が目の前に、そして、垂直に立った車と緑のおばさんの旗が目に入った。ちょうど、テレビのドラマで人が倒れて、その人の目線でものを見ている感じだった。

しばらくするとものすごく痛みが顔じゅうに広がってきた。口の中から生暖かいものと固い固形物が2~3個ざらざら出てきた。

自分の歯と血だった。

横断歩道を渡ったとき、緑のおばさんの旗を振り切って自転車が入ってきたらしく、運悪く、私の顔はそのサドルにぶつかった。緑のおばさんは、その自転車を追いかけていったらしいが、その自転車は逃げ切って行ってしまった。

当時、私も幼く、母親もモンスターペアレンツにはならず、多分、警察に行くとか、犯人探しをするということもなかったように記憶している。

私は前歯を2本失った。

その後、この年になるまで、前歯2本はブリッジ状態で2回つくり直している。今回、かなり汚れてきたことすり減ってきたことで思い切ってつくり直すことにした。仕事の関係で顔なじみの先生が近くにいたので、そこの歯科医院で治療をお願いした。結構うまい方で、恐れていた痛みとか不快な思いもせず、今借り歯状態だが、1時間半で今までの義歯のブリッジを壊し、新しい借り歯をつくって入れてくれた。結構手早く、理論家な歯科医師であったが、腕もかなりうまい方だと思った。

そんなわけで借り歯状態なので、今はちょっと違和感はあるし、歯のケバというか、隅々はちょっとガサガサ状態だけれど、「芸能人は歯が命」ではないけれど、白くて結構気に入っている。保険範囲の治療で、今週の金曜日には新品のブリッジが入る予定だ。

皆さんにはえらく詰まらぬ話で、今日はおしまいとしよう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ふと気がつくと・・・・ [生活]

2017.2.20

今月のカレンダーをふと見ると、仕事が1件、あとの10件は皆病院関係であった。ちょっと唖然としたが、最近は医者通いが多くなった。

年齢を重ねたことと時期とが絡むが、医療費の年間10万円もまんざら他人事ではない。たった1割の還付だが、戻らぬよりも戻ったほうがいいに決まっているから、やはり領収書は保管しておくべきだろう。

薬局で買う風邪薬はもちろんのこと、病院に行く交通費も含まれる。それに人間ドッグも異常が見つかった場合は対象となるから、1年間しっかりと見守っていたほうがいい。特にご家族、とりわけお子さんがいる家庭は必須。旦那の人間ドックで異常が見つかり、子どもの通院での費用、病院に行くガソリン代うがい薬は確実、アルコール除菌剤浅田飴?も多分対象になる。10万円は絶対に突破になる家庭は多いはず。

年末近くになって領収書を探しても大体見つからない。見つかっても足りないことが多い。年初から病院関係の領収書はしっかりとり張りしておく週間をつけるべきだ。

我が家の去年の医療費は9万円台、しかも二人でだ。人間ドックは異常なしだったので、入れられなかったが、異常ありなら医療費控除の対象となった。今年もちゃんと領収書をとっておこう。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いじめに定義は必要なのかな [生活]

2017.2.18

先日、テレビでいじめのニュースをやっていた。相変わらずいじめは減っていないんだなとぼんやりと思いつつ、ふっと入ってきた言葉に耳を疑った

いじめの定義???という言葉だ。

この事件はいじめの定義に当てはまるので、謝罪会見が開かれた???とかいうニュースだったように記憶している。

世の中の偉い先生方は、いろいろと議論をして、この事件はいじめ当たるのか、当たらないのかを話し合っているらしく、それに該当しない場合は、自殺があったところで、いじめの定義に入らなければ、それはいじめには当たらないことにする??という意味なのだろうか。定義に当てはまらないと補償されないのか---果たして、こういう事件では補償はされる(ある)のだろうか?

私はこの件は全くよくわからない。児童保険? 学童保険? そんなのはあるのかないのかよくわからないけど、定義云々の議論をするということは、当てはめる必要があるから検討し合うわけだろうし、ほかに何か理由があるのだろうか。でも、補償云々の話は聞いたことはないし、人一人のが亡くなったのだから、定義云々の話なんかしている場合ではないような気もするし、これはよくわからない。

ただ一つ言えることは、子どもが自殺した場合、たしかに何かを苦に命を絶ったわけだが、それがご自身の病気(うつ病とか)が原因で、友達との小さな出来事で、普通なら絶対に自殺をすることはないようなことに対して、ご本人は死を考え、それを実行してしまう。そんな事例もないわけではないようで、その場合、確かに周りの人間にとっては後味が悪いというか、残された学友も被害者になり得、一生そのことを思い生きていかなければならない残酷さが残るわけだ

そんなことを思うと、自殺の問題もなかなか奥が深く、難しいのかもしれないと思うようになった。

しかし、若者は、そんな小さなことでくよくよしてはいけない。君たちの未来は360度の可能性があるのだから。路上生活者だって、サラリーマンだって、お医者さんだって、総理大臣にだってなり得るわけで、俺みたいに、あと5度ぐらいしか(5度もないかもしれないけど)可能性がない人生とは、価値が全然違うのに気がついてほしいとつくづく思った次第。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やはりアウトドアは気持ちがいい [生活]

2017.2.18

最近風が強く、今週は一日も走らなかった。二、三日前は春一番も吹き、砂塵が舞っている八街が全国ニュースになるくらいだったので、そこに近い我が町もやはり強風吹きすさぶといった状態であった。

そんな風を理由にさぼっていたが、今日はさすがに風もやみ、さぼる理由がなくなってしまったので走ることにした。夕刻、ちょっと深々と寒くなってきたが、久々に走ると気持ちがいいし、すぐに冷えきった手指も暖かくなってきた。やはり走ってよかった。

7キロぐらいだろうか。「軽く走ってきた」と言えるくらい体的には楽になった。

やはり、継続は力なりだ。明日も走るぞ。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | -